ちぶおチャレンジオーバーナイト稚内特攻その後

前回まではこちら

無事稚内についたちぶおは礼文島で仕事します。

目の下がなんかおかしいけど割と元気ですし。
ただ、あまりにも天気が良すぎて、島の人が漁に出てしまい・・・

朝のうちに一気にドカッと来て終わってしまった。

もう10回以上来てるけどこんなに天気が良かったのは初めてだな。

ってわけで、ドライブ!

礼文最北端!スコトン岬!

美しい!海きれい!

 

礼文横っちょ!澄海岬!

左下!猫岩!あの小さい岩が猫に見えるのだ。

後ろを見ると桃岩!!

 

尚このあたりの絶景を見るためにはすべて激坂があります。
北のカナリヤパークは今回はスルーで良いか・・・

というわけで稚内に戻って・・・

ランニングしてみた。

ちょっと走ってみたけど全然走れる。体動く。
鉄の男に一歩近づいたかな。

ほどほどにしてリカバリータイム。

稚内だからと言って海鮮とは限らないぞ。

ここで翌日の相談。
このまま自転車で帰るか・・・車で帰るか・・・午後から雨が降りそうだ。

せっかくなので宗谷岬は行きましょうと言う話になった。
自分だけ早い時間に出発して追いつかれたら回収されて終了というシステム。

特に最終日はなにも予定がないので、時間制限的なものもない。
私は9時出発、別働隊は11時出発ということになった。

そしてまた即寝。

朝8時、朝食はビュッフェじゃなかった。

おいしかったし、ヘルシーだ。足りないよ。でもいい。

9時出発

宗谷岬へ向かうぜ。

わりかし追い風基調で快調に進むよ。
実は稚内の町から宗谷岬まで30kmもある。

あの先が宗谷岬さ。

と思ったらあの先からまだ10kmもあった。

おらあああ!到達じゃい!
宗谷岬がなんぼのもんじゃい!車で何度も来てるので特に思うところはなかった。

 

ここから真南に向かうとちょっと登った先に灯台があり、その先に宗谷丘陵が広がりとてもいい景色だとチコリン情報があったのでせっかくなので登ってみた。

 

16%あった。キツイ。
まあでも短いのでね。

登った先には謎のモニュメントがあって。
そこからまだ登ると宗谷丘陵が広がって最高の景色だ。

いまいち伝わらないので是非肉眼で見て欲しい。

この先は残念ながら通行止めらしいので、海岸線に戻り猿払に向かうよ。

宗谷岬まで追い風基調ということは

この先向い風である。つらい。この辺は風も強い。

へい猿払だぜ!
後続はまだこないぜ!浜頓別くらいまで行けるんじゃないか?

そして御多分に漏れず、看板から道の駅まで遠い。

やっと到着猿払の道の駅。距離にして60kmちょっと。

休憩しようと思ったら・・・・

見覚えのある車が駆け抜けていった。

 

ガーン!

もう追いつかれた!

いや!むしろおいて行かれる!!

 

あわてて呼び戻して

回収である。

こうしてワシの旅は終わった。ご愛読ありがとうございました。

いや、仕事じゃい!

 

おしまい。

 

あ、次の記事では装備の反省などを書こうと思うので番外編に続きます。

 

 

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です