ZWIFTやってみた。

やあやあどうもどうも。ちぶおです。

ちょっと記事は前後すると思うけども、ZWIFTやってみました。
春が始まる前の一週間、無料期間を堪能したわけですが、導入のあれこれを書いていきたいと思いますぞ。

導入にあたって

今はDATE TIBOOに変えました。

必要なもの

自転車
ローラー
センサー類
パソコンやスマホ

なんて思ってたんだけども、調べてるといろいろわかったことがあります。
順にみていきましょう。

自転車

なんとですよ、ランでも出来るんですって!自転車は必須ではない?
まあランニングマシン的なものが必要になりますけど。
・・・・まあZWIFTやるのに自転車ないって人はいないよね。

ローラー

これはどんなローラーでも一応よさそう。後述するセンサー類次第ってところでしょうか。
ただ対応しているローラーじゃないと負荷設定がおかしいとかなんとかよくわからんけど対応してればいいんじゃない。
対応してればこの負荷に合わせましょうみたいな説明書きがあるのかと。

なお、うちにあるのはGTローラー。負荷ダイヤルを3にしましょうとありました。つまり対応している。

センサー類

これがよくわからなくてとりあえずパワーメーターあればいいんでしょと思っていたんだけどどうやら違う模様。

スピードセンサーかパワーメーターがあればいいみたい。
ただスピードセンサーから計算して推定パワーが表示されるようなので、精度は当然パワメが上?

そして、そのセンサーを受信できる機器が必要です。
通信規格があってないとパソコンやスマホで受信できないのでダメだと。

パソコンやiphone、ipadならbluetooth対応のセンサーならいける。むしろ他は何もいらない。
ちなみに僕のパワータップP1はbluetoothもant+も対応してるのでそれだけで勝手に飛んでくれた。楽ちん。

しかし、他のセンサー類についてはGARMINのものばかりなのでダメ。
PCで受信できるようにするために小さな部品(ドングルといったもの)が必要です。

こんなの。USBポートに差すだけ。

パワータップP1でケイデンスもパワーもスピードまでも出てくれるので、特に問題はなかったわけですが、心拍データがどうしても見たかったのでドングル導入しました。2000円くらいで買えます。

ランニングに使ってる腕で心拍計測できるタイプを心拍転送モードにするとant+ドングルが受信してくれました。


乳バンドでもたぶん行けるし、精度はそっちの方が上だろうけどつけるのがちょっと面倒で。

buluetooth対応センサーがZWIFTには楽ちんだし何もいらないってことですな。

パソコンやスマホ

どれかが必要です。
僕のデバイスはiphone、ipad、macbookpro。そしてパワータップP1なのでbluetooth対応ですからなにも考えなくてもどれでもできます。androidはわかりませんすいません。
ただiphone、ipadでant+受信するためにはドングルがちょっと高価。
bluetoothのスピードセンサーの方が安いかもしれません。

ちなみにサイコンはいりません。
もしあったらまた違うデータが取れますけど、もしもガーミンコネクトとSTRAVAで連携してたらデータが二つ生まれアップロードされます。そして仮想コースと現実ローラーでは数値が全然変わります。

こんな感じにね。

 

やってみた

思った以上に簡単に導入できます。無料期間一週間堪能してみました。

いろんなワークアウトメニューがあって面白いし、ただ回してるだけでも画面が連動してるので飽きずに回せそうです。
スマートローラーじゃないと坂の負荷はどうなるのかと思ったら、負荷は当然変わらないけど目に見えて画面のアバターが遅くなります。進まなくなります。回すか踏むかしないと進まないわけでそのためにパワーが上がる仕組み。なるほどね。

でも進まなくていいやってことなら負荷は何も変わりませんよ。
つまりどんな激坂表示でも負荷は変わらないけど、えらい遅くなって進みません。それだけ。

 

ってわけで

試して満足しました!
さ、春だ。外だ、実走だ。

課金するなら次の冬からかな!

おしまい!

 

あ、一週間やってFTPが4上がったよ。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です