ちぶおチャレンジオーバーナイト稚内特攻その2

前回はこちら

10月9日 午後5時半 仕事終了

この後メシを食って夜まで寝る。
起きたらスタートだ。目覚ましは22時50分にセット。

 

しかし・・・

 

 

布団には入っていたものの昂ぶってあまり眠れず・・・

 

うとうとしながらも気が付いたら22時30分

ここまできたらもう眠れない。起きて出発するか。
と、まるで遠足の前日の子供のような心境である。

22時40分 出発

妻「信じられない。マジで引くわ。ついてけない。気をつけろよ」

俺「いいから写真撮ってくれ」

というやり取りもそうそうに出発である。気温は5度。風はそんなにないので今のところ寒さはそこまで感じない。

大丈夫そうだと思いながら快調に進む。

村終了である。ここから月形町。
国道275号線をひたすら北上するのであります。

ブレたがまだ元気なのがわかるだろうか。

深夜0時 道の駅つるぬま(35km地点)

ここまで全く問題なく。
寒さも感じず。1時間20分くらいで来ているので、26km/h平均くらいで来てるぞ。
で、ここでは写真撮影しただけでさっさと出発。

止まると少し寒さを感じる。

 

深夜1時10分 ローソン雨竜追分店(60km)

予定より15分早い。でもそれは予定より20分早く出発しているからであり決して速いわけではない。

平均速度も24km/hくらいである。

ここで大補給をしておかないと、このあと留萌まで補給なしである。
すぐ隣の北竜にはあるけどそこはスルーしたい。
ミニアンパンはサドルバックに括り付けてカップヌードルとコーラ投入。

ここで立ち止まったおかげで危険なことになる。

寒い。とにかく寒い。

指先が凍えてひどい。
薄手のフルフィンガーグローブは危険だ。
指先がとにかく痛い。

ハンドルなんて握れたものではないので動かしながらなんとか進む。寒い。
気温は2度。

1:53 道の駅サンフラワー北竜

トイレタイム。


ほんとにトイレのみ。トイレは暖かいな。
でもあまり止まってるとまた寒くなるのでなるべく止まらず行かなくては。

少し汗冷えもしているだろうか、着替えるほどではないな。
もうここからは何とか留萌まではいかないともう何もない。
一応道を間違えないようにグーグルマップのナビ動かしておくか。

え?自転車用も出来たんだ?ほーう。これで変なグラベルとか案内されなくなるのかな。

国道迂回の気持ちはわかる。
なるほどと思い従うと、登る必要もない坂を登らされたし・・・しかも真っ暗で今にも熊が出そう。

あ。そもそもこんな真夜中に車なんてほとんど通らないんだから迂回の必要なんてないじゃん。

まあ時すでに遅す。

こんな夜中に真っ暗な坂道をちんたら上る。
まあ、ちょっと暖かくなったけどその代わりに・・・

強烈な睡魔が襲いかかってきた。こんな暗いとこで寝たらヤバイ。
しかしこの睡魔には抗えそうにない。

なんとか国道に出なくちゃ!
国道に出ても明るいとは言えないけどここよりはましだろう・・・

国道に出て、あまりの眠さに一度自転車を降りて立ったままでもいいから目を瞑ろうと思ったら

目の前に・・・・ななななななんと!!!!

 

 

つづく

 

 

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です