妻がロードバイクに乗るまで 第1話

ちぶおです。

実は先日、ご存じな方も多いかと思うんですけど、妻のロードバイクが納車されましたんですよ。

かれこれ7か月越しの納車になりました。

さて問題は乗ってくれるのかですが、第一段階はクリアしたと言っていいでしょう。
今回はここに至るまでの物語を書いていこうと思いますよ。

 

~7か月前~

5月にロード始めたばかりのちぶおさん。
楽しすぎて奥さんにも乗って欲しくて仕方ありません。

しかし、奥さんは運動も外もあまり好きではありません。特に外。直射日光。

運動はものによってはやりますが、マラソンとかは絶対にやりません。

 

しかし!

自転車ならいいかなーママチャリねママチャリ。

あんたみたいなハンドル(ドロップハンドル)は絶対いや。とのことなんですが。

 

自転車に乗ると。
これは決めてしまえばこっちのもんなんじゃないかと。

 

ちぶおさんポジティブ。
じゃあクロスバイクから探すかなぁ
せっかく自転車ならいいと言っているのでこれはチャンスだと思うのでありました。

しかしながら。

 

前傾姿勢がいや

ヘルメットがいや

サングラスがいや

ドロップハンドルがいや

 

・・・・・・・・・・・これは本当に乗るのかいな。

 

 

うん。小事ですね。小事。小さなこと。

おそらく、外堀を埋めてしまえば大丈夫なはずです。

そしてクロスバイクにしたら結局ロードを買うことになりそう。
ならば最初からロードにして何とか乗ってもらうなんて無理やり作戦が良いのでは。

 

 

なので最初からロードで

 

ドロップハンドルで

 

前傾姿勢で

 

ヘルメットもかぶらせて

 

ということで

好きそうなデザインで釣る作戦。
黒とピンクが好きなので・・・

んで喰いついたのがこちらのビアンキ

ヴィアニローネ7

アルミのエントリーモデルです。
このカラーリングはクラリス完成車しかないそうですが

 

うん。小事ですよ小事。小さなこと。

ってわけで善は急げ。さっさとショップにて注文してくるのでした。

注文。納車は未定とのこと。
ビアンキなのでいつになるかわかりませんとのことでした。

まあ、未経験のこれから始める人なんでタイミングはいつでもいいよね。
というわけで、注文確定。

おそらく12月くらいに納車かなと。

結局2月になりましたけども、この7か月間で、びっくりするようなことが起こっております。

つづく。

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です