ちぶおチャレンジオーバーナイト稚内突撃編その1

どうもどうも。

ちょっと、仕事で礼文に行く用事がありまして。
僕の他に3人一緒に行くんですけど、初日は移動だけなので、自転車で行っちゃおうかなって。

いっそのこと帰りも自転車にしよう・・・かな?

なーんてツイッターでアンケート取ったら・・・やや半数が行きも帰りも自転車って!

 

・・・・・おかしな話だ。世の中エクストリームであふれてる。
常識人が1/4くらいいるのが救いである。
ま、まあ・・・僕もいつかはエクストリーム系ライダーを目指す身としては(?)実践したいところである。

とりあえず気温は低いが天気は良さそうなので行きだけでも作戦を考えよう。

ルートはこう。

昼の2時40分のフェリーに乗って礼文島に行かなくてはいけないので間に合わせないといけない。
もし間に合いそうになかったら別働隊の車に回収されて、

おーしーまーいーデス!(大和田風に)

前日の夜11時に出れば15時間でやや290㎞。グロス平均20km/hで余裕のよっちゃん。峠もない。
2043mアップとあるがなぜかガーミンコネクトでルートを引くとこうなる。実際は1000そこそこなんじゃなかろうか。

さて装備である。
暑さは脱げばいいが寒さは耐えられない、下手したらやばいことになるよ。
一応予報では最低気温は5度。耐えられるんじゃないかと思ったが・・・
田舎のオーバーナイトだ、何があるかわからない。

上から

バラクラバ
サイクルキャップ
調光アイウェア
ネックウォーマー
冬用インナー
冬用ジャージ
ウィンドブレーカー
裏起毛ウインドブレーカー
薄手のフルフィンガーグローブ
反射ベスト
5度対応レーパン
裏起毛ウインドブレーカー
シューズカバー

暑い。これだけの装備なら大丈夫だろう。これでも寒いかもしれない。
さらに夜間走行ということでリアライトは3つ。おにぎりリフレクター、ヘルメットライト、ヘルメットリアライトもつけて自分の身を守る。

フロントライトは3本、モバイルバッテリーは2つ。
あとは防寒もかねてレインウェア上下、輪行袋。

汗冷え用のインナーも用意。

用意しすぎたかもしれないけど自己責任なので不測の事態にはしっかり備えなくては。

自転車のタイヤも前後新しくした。
チューブ2本、パッチ、工具、チェーンオイル、タイヤレバー、携帯ポンプ。

あとは熊鈴と。

サドルバッグが重たいのは嫌なんだが仕方ない。
明日の午前中まで最低でも生き延びなくてはならない。

なんでそこまでしてやるのかって?
俺が聞きたいくらいである。

10月9日 PM5:30 終業

仕事を終え、帰ってメシ食ってすぐ寝る。

23時の出発予定である。おやすみなさい。

つづく

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です