十勝岳に挑む・・・その1

誰かが言った。

長い坂を登りたいと。

誰かが言った。

カミヒル登ってみたいと。

 

火曜日(ど平日)はピナすけボスとオデコさんの休み。
夏休みや振り替え休日を使えそうな人間が急遽集まり、十勝岳に挑むこととなった。

カミヒル
かみふらのヒルクライム大会の略。
北海道屈指の難コースをヒルクライムするのであるが・・・・なんぼのもんじゃい!

時は少しさかのぼりますよ。

9月8日(火曜日)

三笠の道の駅でオデコさんを回収し上富良野へ。
オデコさんはこの恐怖のコースを知らない。

道中説明するとみるみる顔が青ざめていった。

「今年ロード3回しか乗ってないっすよ!やべーっす!」

聞こえないことにする。

バラバラに出発したメンバーも無事に全員到着である。

スタートして間もなく登り始めるよ。

あれよあれよと間延びしていく集団。

かみふらの十勝岳HC 13.13km 7%

どんどん急になっていき最後は15%くらいまでなるって前情報だけは知ってる。
下りが一切ないとの情報も得ており、平均勾配7%のやばさがうかがえる。

さていったいどんなもんじゃろか。
序盤はまだ5%くらいをだらだらと登っている。まだ生きていける。
5km位こんなのが続く。

すこしずつ離されていくワシ。

大したことなさそうなのになんかすごい辛いぞと思った時は8%になっていた。
回りの景色が錯覚をおこし、緩斜面に見える。かなりツライ。

ここでピナすけさんが結構な勢いで登っていった。ダイエット効果は抜群のようだ。

俺は?俺は?痩せたのに何も楽になってない。

しばらくキャベツさんと登り方のレクチャーを受けながら登る。
少し楽になったような気がする。

しかしこの後さらに斜度は増していく。

キャベツさんはこの辺で少しずつ落ちて行った。
オデコさんの姿はない。

ハンサムさん、ゆかりんさん、MAYAさんは姿すらもはやわからん。

もう分岐を過ぎたあたりからヤバイ。2ケタ斜度がずっと続く。その先さらに斜度が上がっていき14%が続く。

そのやばいのが2kmほど続いてゴール。

やばかった!!!やばかったああああああああああああああああ!!

のぼった。もう今年はもういいな。
誰だ長い坂上りたいって言ったやつ。

途方に暮れた。

強烈に補給した。どんだけ飲んでも足りない。
てっぺんには宿泊施設もあり、自動販売機もあるので安心さ。

やばかったのは俺だけではない。

俺だけではない。

ゆかりんさんとMAYAさんまでもが足をついたらしい。

それでも足つきなしの僕より早い。

いやーここはツライ。

まじでつらい

あつさ もあい ま って とても つら い

 

この先は破れており読めない・・・

 

 

つづくよ

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です