洞爺湖マラソン2019その2完結

洞爺湖マラソンはいつも過酷。
続き行きましょう。前回は半分、過酷になる前。

ここからリンゴのへたのような部分に向かいます。
ここがしばらく登りでじわじわと足がやられ、そのあとは下りで足がやられるのである。

1回目の挑戦時は歩いた。

2回目の挑戦時は走れたけどそのあと沈没した。

成長しているように見えるが今回はどうだろう・・・か・・・・。

20~30km

走るだけなら大丈夫。ペースも問題ない。少し落ちるくらいで普通に乗り切れる。

見づらいがはるか先まで坂が見えるのがわかるだろうか。
そのあと少し下って、

折り返す。

ここからは下り基調で、リンゴのへたを脱出。

 

直後。脚に来ました。

28~29km 9’57

暗雲がたちこみ始めた。脚がだるい。

 

30~40km

 

なんとマラソン史上初めて、

30kmのエイドで立ち止まって大休憩

エイドの後ろから後続のランナーを恨めしそうに眺めつつマッサージをする。時間時にして5分ストップ。
ここまで消耗を実感したことはない。

毎年のことながらここからが地獄であります。

あの向こうの陸地あたりがゴールです。

基本的にずっと見えており・・・全然近づいてくれないんですよ。
とても長く感じる10km

ようやく近づいてきたけどもまだまだ果てしない。
あのはるか遠くに見える建物群のところがゴールである。

本当にこの区間が嫌いです。ゴールがずっと見え続けている。
まるで蜃気楼である。

このころは歩きを織り交ぜ、イタイイタイ言いながら走る。

 

思ったんだけど・・・

このイタイイタイが甘えなのではなかろうか。
本当は大したことないのに脳が危険信号を発してリミッターをかけているのではないか。

ならば強じんな精神力で何とかなる!

 

・・・

 

・・・

 

そんな精神力があったら苦労しません!

やっとの思いで40km走った。

40km~ゴール

ここまでくればもう怖いものはない。
のこり2kmとなるとどんなボロボロでもなんとかなってしまうのである。

やっぱり精神的な問題なんじゃ・・・

 

ゴール付近は観客も多く、力が湧きあがります。

一気に駆け抜けてゴール!

 

ヨシ!

 

フルマラソン記録市場、ケツから二番目の記録!

4時間43分でした。ダメダメ。

 

まあね・・・ここ一ヶ月で走ったの・・・・40kmくらいだもんね。
走った距離は嘘をつかないと。

このままだとサロマ湖100kmが危険なので6月は少しラン多めにしようと固く誓うのであった。

 

洞爺湖マラソン、今年から完走者にメダルがもらえるようになったみたいです。

その代わりフィニッシャータオルがなくなりました。

ちょっとおしゃれ。

そしてマラソン参加者には温泉無料券が付いてます。
今回は万世閣レイクサイドテラス。

8階から洞爺湖を眺めながら入る風呂は格別でありますが。

 

今日の洞爺湖は恨めしい。

 

おしまい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です