作.AC真駒内マラソン レポ2

ゾンビちぶおです。
フルマラソン第2話。実走でございます。

5分半のペースメーカーについて行くちぶお。
10kmくらいまでは普通について行くのでありました。

この辺りからパラパラと脱落者が出始めます。
そして私の頭の中も考えが変わってきます。

・・・

このままのペースだと絶対持たない。

5分40秒まで落としても全然大丈夫。

サブ4ペースメーカーに追いつかれなければサブ4だ。

少し落とそう。

最後まで持たなかったら困るんだから。

読者の皆さんはお分かりでしょうが、これらの思考は全て

甘えです。

こう考える時点で心身ともにちょっとキツくなってきています。
こうやって少し妥協を始めた時点で転落が始まっています。

それでも20kmまではなんとか辛抱していました。

さて問題はこの辺から。
足のだるさがハンパないです。

マラソンで使う着地筋なるものは自転車では全く鍛えられないそうです。
自転車で筋力アップして足が少し速くなった気はしますが、着地筋が鍛えられていないため、全く持ちません。

25km

ついにその時は訪れます。
もうペースは上がらず。歩き始めます。

周りを見ると、力尽きた人たちが、歩いています。

フルマラソン名物
ゾンビ行進

自身の実力を見誤り、前半で力尽きた者たちの行進である。

もはや追う気力も残っていない。
スピードを上げて見ると見事に両足のハムストリングスが攣った。

ええい

エネルギー補給!

ジュルッとゼリーを吸い込む。

ゲホゲホオエええええええゲホゲホゲホ!!!

むせた!

これはすごくつらい!!
咳込みながらひいひい進む!

走ってるのか歩いてるのかもわからない速度である。

それでもなんとか30km。3周終わった時点ではまだ3時間を切っていた。

4周目。

段差につまずいて転んだ。

幸いなんども転んだことがあるので華麗に受け身を取りことなきを得たが、つまずいたつま先が痛い。

散々である。

と言いながら、ここまで書いていることは全て言い訳にすぎない。
走れなかった言い訳。人間の弱さである。

4周目に至ってはかなり歩いた。
給水所はコップがなくなって手酌で飲むところもあった。

散々である。

なんとかゴールした。

6分半のペースメーカーに煽られながら・・・・

この大会3回出てて、一番コンディションがよかったのに、一番悪い記録となりました。とほほ。

 

記録証はスタッフのサイン入りクリアファイルに入って来るのですが、今回は代表作田徹さんのサインでした!!ラッキー!!

別にファンなわけではありません。

今年のマラソン、失敗レースでおしまい。と。

“作.AC真駒内マラソン レポ2” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です