パワーメーターとFTP測定と私

今回は久々に自転車記事を書こうと思っております。

この記事で1月は10記事達成だーい!

1月6日

ピナすけさんたちとFTP計測会をしようという話が持ち上がったようで。
是非やりたいやりたい!と喰いつくワタクシ。
じゃあ、翌週集まってやりましょうってことになりまして、1月13日にやることになりました。

パワメ買うのはそれからでもって話になっていたのですが・・・

1月9日

パワーメーター購入しちゃいました。

買うことは決めてて色々と検討してたらちょうどいいタイミングで
パワータップP1がお安く出てきたんですもの。今までの検討はなんだったのかというくらい速攻ポチってしまいました。

これで今年の目標の一つがクリアされた。

届いたのが1月26日。つい先日のこと。まだ取り付けてもいなければローラーもないのでインプレはまだまだ先の話でござんす。1月30日現在箱の中のまま。

1月13日

FTP計測当日。
その場にいたメンバーはこちら

ピナすけさん
ゆかりんさん
たんさん
さん
オデコさん
鶏キャベツさん
MIYAさん
ハンサムさん
くさきょさん

会場のピナすけさん宅に置かれる2台のスマートローラー
そしてセットされる水色と黄色の自転車。

今回の挑戦者

ちぶおさん
たんさん

のFTP計測大会が行われようとしております。
着々とセットされるパソコンとZWIFT。

ちぶおさんも準備万端だぞ。見てよこの腹・・・

おーーーーーーーーーーっと!鶏キャベツさんが謎の粉を調合しているぞ?


なんだあの飲み物は!

何この禍々しさ・・・ポカリの色じゃない・・・

何とこれはちぶおさんトレーニング用スペシャルドリンクでした!
ありがとう鶏キャベツさん!

どれ一口・・・

きゃあああああああああああああああああああああああ!!

これはすっぱまずい!!
マッズううううううううううう

計測中、ご丁寧に何度も渡してくれました
アリガトウ・・・

さて、始めてのパワートレーニングにわくわくしております。
ちぶおさんとたんさん。

FTPとは
1時間出し続けられるパワーだとか。

以下メニュー

5分アップ・・・・まあ楽々。

1分徐々に上げ・・・まあうんうん。

3分休憩・・・まったり回す。

3分強め・・・ちょっときつくなってきた

2分さらに強め・・・さらにきつい!

6分休憩・・・ここが最後の休憩らしいです・・・

20分計測区間・・・ここから!

おらあああああああああああああああ

おらああああああぁぁぁぁぁぁぁ

グオぉぉぉぉおおぉぉぉぉ

これはヤバイ!!

すんごいキツイ!どんどん下がっていく出力!
とてつもない長さの20分!

 

やっと終わって5分クールダウン、終了

・・・・しばらく、このまま動けず・・・・

計測結果

FTPは168でした。

たんさんもここまで心拍上げたことないって言ってた・・・

しかし難しいね、一定のパワーにするとか。
ギア上げたらパワー上がっちゃうし、すぐバラバラになる。

慣れてくれば一定のペダリングができるようになるのかしら。
だとするとパワーメーター買ったのは大成功だぞ。

あとはローラーあれば家でも出来るっちゃできるけどウチの中狭いからなぁ・・・これは嫁に相談。

※写真提供ありがとうございました。
 顔は出ないようにしてますが、もし不都合あったら言ってください。

室蘭遠征 第4話

ちぶおです。
職場でインフルエンザがばったばったと・・・
皆さん気を付けてくださいね!!

室蘭シリーズも第4話となりました。

第1話

第2話

第3話

さて白鳥湾展望台に到着した御一行様は展望台に登って撮影タイム。

景色は良かったんですよ。カメラがよくないだけで。

さあ、次は室蘭の道の駅に向かいますかー
出発しようとしたその時!


へい部長パンク!

直してさあ出発ってその時!

へい副部長もパンク!
凸凹幹部がパンク祭り!

いつもパンクするちぶおさん、今回は高みの見物。

さあ気を取り直してレッツゴー。

途中で昼食です。
安定のセイコーマートで

控えめな昼食!

走ってる間ってあんまり書くことないぞ・・・困ったぞ。

昼食後

副部長パンク!
スローパンクなので空気入れてごまかす!

次の道の駅に向かいます。
道の駅 みたら室蘭

海辺の道の駅、天気もいいので撮影しちゃおう。
サイクルラックも一応あるよ。

黄色が映えるぜ・・・
パシャリパシャリとやっている間に副部長はパンク修理。

さーてどんどん行くぞ!
次は地球岬へレッツゴー!

っとその前に室蘭駅で撮影。

そんなに大きくないね室蘭駅。
結構大きな町なのにな。

さあここから本番レッツゴー地球岬。

斜度10%以上の登りが結構ありまして。16%くらいまでなるのかな。
上の方は凍ってるところもあって後輪滑った・・・

しかしニューちぶお号は登るのであった。

到着地球岬!
この壇上でポーズをとる私の模様は糸さんブログで!

さて、地球岬も堪能したし、っていうか寒いのでそろそろ帰路につきましょうっと。

言ってる矢先に!

副部長がパンク!

持ってます。持ってますよ副部長。
ここも空気を入れてごまかします。

帰路に着くとき・・・

糸さん「ちぶおさん・・・げんこつパイのお店があるんですが・・・

ちぶおさん「ピクッ

糸さん「奥さんのお土産にいかがですか?

ちぶおさん「まずは俺が喰う!話はそれからだ!

菓子工房モンパリ
どっかで聞いた店の名前だが気にしない。

ほんとにでっかいパイがある!
チョコもあるのでお土産にもなる!(奥様あんこがお嫌い)

糸バッグに数個仕込み、残りはその場で食す。
うん、うまい。パイ生地うまい。もっと買えばよかった。

ここからはもう帰るのみ。
一直線なんで最後くらい私曳きます!曳きますとも!

っとその前に

副部長空気注入。

そのころ私、お腹のガスが出放題。
50km以上走るとやたら屁が出るのはなんででしょうね・・・

5km位曳いて・・・・
最後の締めは部長に引いてもらいゴール!

スタートに似ているが、サドルがついているのがポイント。

温泉によって帰りますよ。

なおその間もガスはとどまるところを知りません。
同乗者の部長を殺しかねない勢いです。

帰りは虎杖浜の温泉を堪能し、札幌の「赤い館」で夕食。
と思ったら50分待ち・・・と言われましたの断念。

ゆでたろうで特盛蕎麦(3玉)を頂き解散です。

最後の最後まで放屁が止まらないまま解散となったのでした。

まとめ

室蘭はイイゾ

なんか淡々と書いちゃっていまいちな仕上がり・・・
次回頑張ります。

 

室蘭遠征 第3話

お久しぶりです!
長編連載シリーズ!室蘭遠征第3話行きます!

第1話

第2話

朝5時。自転車乗りの朝は早い。
ってかこんな路面でこれから自転車乗ろうとしてるんだからどうかしてるとは思わないかね?

だが、それがいい。

今回私のバディは札幌凸凹自転車部の部長である。
すんごいつるつる路面だが、北海道育ちの私には問題ではないのだ。

部長の家に到着。
部長はすぐ出てきたが、すぐにトイレといい、自転車を出して家に戻っていった。

経験上90%はう○このはずである。わかっている。

今日のために?用意したミノウラバーゴに自転車を固定し、車に積み込む。

内緒ですが、私の車の高さでは、私の自転車のサドルが高く後輪付けたままだと積み込めませんでした。
リアエンドサポートがないので、サドルを外して無理やり積み込みの写真が上に貼った写真であります。

うん○から出てきた部長を積み込み、副部長と糸さんの待つ集合場所へ。
部長の○んこのせいで若干遅刻である。

さあここから現地へ向かいます!
高速道路でぶーーん。

ときおりアタックを仕掛け合いながら高速道路を激走し、あっという間に登別東到着。

鬼のお出迎えでごんす。
コンビニで補給食やドリンクを調達し、登別の体育館からレッツ室蘭へ。

右から二番目が僕の自転車!
副部長がサドルを付けさせてくれません・・・
ブロッコリーも忘れたし万事休す。

なんとか頼み込みサドルを付けることに成功。

さあ出発です!

糸さん「ちぶおさんルートガーミンに入れてますよねお願いします!

ちぶお「入れてません・・・

糸さん「えっ・・・

ちぶお「オフコースなんで・・・

糸さん「・・・・

すいません・・・ペダル付けたりなんだりしてて入れるのを忘れた・・・
大丈夫・・・糸さんはやればできる子・・・ルートに関してはお任せである。

雪はなくてもさすがに寒いので、残念ながらここからの写真はかなり控えめ。
僕の文章力がモノを言うこととなる。

出発してすぐにコンビニへ。
ここで私のマシーン試乗会!

糸さん
副部長

二人が乗り回す。
糸さん「あんまり軽く感じないような・・・気のせいじゃない?」

ちぶおさん「がーーん!そんなはずは!軽い!軽いよ!

コンポが同じだからあまり感じないのかしら・・・
しかしこいつの実力はこれからだ!

しばらく平坦な国道を走り、右折して室蘭工業大学の横を通り過ぎます。
この先にそこそこの山があるらしい。
もうすでに登り基調になって来たけども、楽々登れる。

その先、山に入りました!

めっちゃ軽い!
するする登る!!

うっひょおおおおおおおおおおおお!

と興奮して一気に登ってしまいました。
全然違うんやで・・・前のロードと・・・

まあハアハアゼエゼエしたけど・・・とても良い・・・良いよ・・・RL8・・・

登りはここまで、あとは下って室蘭に向かいます。

白鳥湾展望台の手前、開けたところがあったので撮影タイム

カメラがダメですいません・・・
さあここから白鳥湾展望台まで近いので自由区間だ!

2kmくらいかな?
行きましょうちぶおさん!

なんて副部長がいうもんだから一生懸命回したよ!ちぶおアタックだよ!

速いよこの自転車!

あっという間に白鳥湾展望台についちゃったもの!

 

 

距離にして1kmもなかったのは内緒である・・・
もっとあると思ったのに・・・だって・・・本当にあっという間についたのだった。

つづ・・・・・・ぬ

 

 

 

 

室蘭遠征 第2話

すっかりと期間が空いてしまった。ちぶおちゃんです。

12月2日、室蘭遠征したお話の続きです。

第一話はこちら。

なんと出発しておりません!
っていうか当日にすらなっておりません。
しかも画像も皆無という新しい記事となっておりました室蘭遠征第1話。
今回は出発できるのかな?

第二話の始まり始まり〜

前回、ペダルを外すことができるか自転車屋さんに1日預けました。
寛大な私はペダルをつけたのオメーだろなんて一言も言わず、外れてくれることを祈ります。

翌日、自転車屋さんに行くと。

店員「ダメでした・・・完全に固着してしまっていて外れません。
   今回は何もできなかったのでお題は結構です。」

あったりめーのこんこんちきである。

残念だが仕方ない。

 

 

と呟くといろいろな反応がありました。
そんな中・・・神がいました。

ハンサム「ルックのペダルならある。」

ハンサム「無償で贈呈しますよ」

ルックのペダル・・・?
なにその高級そうなペダル・・・

調べると今のSLシューズのクリートを変えれば使えそう。
フラペで走ろうと思っていた私に舞い降りた一縷の望み。

室蘭遠征前日にハンサムさんとコンタクトを取ることとしたのである。

12月1日(土)

ハンサムさんが札幌に来ているので合流することとする。
打ち合わせではこちらが札幌に向かう時に連絡をし、その時にいるであろう場所に向かうこととしておりました。

妻を付き合わせ昼過ぎ、私が向かいますといったところ、ハンサムさんがいたのは

かつ徳というとんかつ屋さん。

たどり着いた時にはハンサムさんは出るところ。

ここのとんかつ美味しいんですって!

めっちゃ美味しかったです!本当に。

というわけで無事にペダルを受け取ルことができました。

そのあとは・・・・

サイクルプラザでペダルレンチを購入。
だって今はフラペがついてるから。

そしてサイクルショップナカムラでルックのクリートを購入!

そしてグリスを買い忘れる。
これじゃまたペダルが固着してしまうので(私がしたわけではないが)、ロードキッズによります。

初めの頃は恐る恐る自転車屋さんに入っていた奥さんもこの頃になると私より先にズカズカと入り店員を驚かせておりました。

店員さん「な、な、何かお探しですか・・・!?」

ですと。グリスが欲しい旨伝え、シマノプレミアムグリスゲット!

 

さてあとは付け替えるだけです。

いきなりクリート変えてロングライドは膝痛めるかもしれないからというアドバイスもありましたが、クリートはシマノに似てるし、おそらくそんなに影響はないだろう、もし痛めてもそんなもの自己責任!ということでペダル交換します。

初めてのペダル交換。

まずはフラペ外します。

今日の戦利品。ペダルとレンチとグリス!

ルックペダルをつけます。

色合いは仕方ない。もともとドグマ様に付いていたものである。
足元がドグマになったのであります。

そしてクリート。

シマノによく似ているが、一回り小さい。

よしこれで準備完了!

明日は室蘭へレッツゴーだ!

 

ってわけで今回も・・・・当日にすらならず。

続くのであった。
次回出発!

この次も、サービスサービス!

 

室蘭遠征 第1話

ちぶおだ。
ようやく書く気になったぞ。ふふふ。

今回は12月2日。冬の北海道でロードバイクに乗るためにわざわざ雪のない室蘭まで遠征してきた物語であります。

11月某日。

糸さんが何やら作戦を立てている様子。
室蘭のルートを引っ張っているようだ。これは行く気と見た!
声がかからないところを見るともう相方は決まっているに違いない。

なんとなーく聞いて見ると札幌凸凹自転車部の副部長と室蘭遠征計画を立てていた模様。
車にはロード2台しか積めないのでどう頑張っても2人で行くことになるそうで。

いーなーいーなー

行きたいなーーー

いーーきたーーーいなーーーーー

と猛烈アピールをし、同行okをもぎ取った。
となるとこちらも車であります。一人でついて行くのも寂しいので誰か誘うことにしよう。

札幌凸凹自転車部のメンバーで・・・

部長か・・・ねこまるさんか・・・
そうだ、部長とは夜しか走ったことがないので、一度がっつりご一緒してみたいものだと部長を誘って見ることにした。ごめんよ、ねこまるさん。キミには未来がある。部長とはいつ一緒に走れるか見当もつかないので。

ちぶお「部長・・・キミ122日は暇かい?

部長「今のとことフリーかな?何をするんだいちぶお君。

ちぶお「室蘭行くか!糸さんと副部長と!

部長「えっ・・・・い、一旦預からせてください。

ちぶお「決まり、と。迎えに行きますね。

部長「預からせてくれない

ちぶお「糸さん決まったよ!ぶーーーーん

部長「待て待て待てーい!

ちぶお「何か問題?

部長「心の準備?

ちぶお「大丈夫大丈夫!

部長「朝何時?

ちぶお「結構早いかと思いますよ

部長「でしょうな。とりあえず仮参加・・・

ちぶお「はい参加で!

預かられそうになったところを無理やり決めて、仮参加の仮を取っ払ってメンバーは確定することとした。

さて、メンバーは決まったので糸さんとコースの確認。
室蘭なんてろくに走ったこともないので検討もつかない。

糸さん「土地勘ありますか?

ちぶお「つ、ついて行きます

糸さん「ナビついてる人・・・・

ちぶお「ナビあっても・・・オフコースなので・・・・

糸さん「期待してます!

期待すること自体が間違っている。
申し訳ないが・・・賢明な読者の皆さんはわかっていると思うが、道に関しては全く期待してはいけない男ちぶおである。

そんなこんなでメンバーが決まった。
あとは準備であります。

今回もRL8で行こうと思っているが、このままだとフラットペダルなので何とかRFA5についている105のSPD-SLペダルを外したい。

前回外れなかったシーンはこちら

そこで札幌の自転車屋さんに持って行こうと思ったのだが、行く暇を作れなかったので江別に持って行った。
外して欲しいと頼んだところ・・・・

前回つけた時にグリスアップしてないので固着してますね。オイル浸潤させて外して見るので一日預かってもいいでしょうか?

いいんだけどさ。

前回このペダル付けてくれたの・・・・実はあんたやで。

と喉の奥まで出かかったが、そこは言わずに1日預けることにした。

続く

今回は趣向を変えてスタート前で一記事書いて見ました。しかも画像なし!
前置き長い?そんなこと言わないで付き合ってよね!

ではまた次回お会いしましょう。

イルミネーションライドその3

ちぶおちゃんだよ。
ちょっと時間が空いちゃったね。次のネタが生まれちゃったのでどんどん消化していこうと思うよ。

イルミネーションライドその1
イルミネーションライドその2

さあ、大通公園のイルミネーションできゃっきゃうふふはまだまだ続くよ。
テレビ塔から駅前通り?くらいまで。

なんか出店もいろいろあったようだけど、9時で閉まっちゃうらしい。
海外の民芸品、マトリョーシカとか色々あったね。

僕は写真撮ってないので、コルナックさんのところを見に行くと良いよ!

次はジョジョ。

だいぶ良い感じにジョジョっぽくなってきたな。

そしてお次は、なんかイルミネーションの中に入れるところがありまして。

4台並べてうっとり・・・
赤青黄色白。良いですなぁ。

次は赤レンガテラスに向かいます。

ここでオデコさんがロード倒しました。
ガッシャーン!
あのヘルメットにペダルかけて立てる奴はやっぱりおっかない。

暗い・・・・もう携帯変えちゃおうかな・・・

さあイルミネーションはここまで!
10時になったら全部消えちゃいます!メモっておくように!

寒いし腹も減ったので帰り道。
飯を食おうにも意外と店はやってない。
店の中に入るには自転車が心配であります。

そこで見つけたのが半田屋。

そばと卵焼きと納豆ごはん!!
ちゃんと外も見えるのでここなら安心!
しばし談笑して暖を取る4人。

このまま根っこが生えてしまいそうだが、意を決して帰ることにします!
帰り道はもう所々凍ってて、走ってるとパキパキって氷の感触が・・・・

思えばこれが・・・・悪かったのだろうか。

ゴールまであと少しというところで、

ちぶおさんパンク

そう、略してちぶパン。

深夜のパンク講習会始めまーす。

やはりヘルさんのタイヤはめる技術はすばらしい。簡単にはめちゃうんだもの。

一生懸命空気を入れて暑くなってる私を尻目に寒がっているオデコさんとコルナックさん・・・

なんとかチューブ交換して無事ゴールしました!

どこで撮ったか忘れたけど3人写真。まあ、顔わからないし・・・
このまま掲載して良いでしょう・・・(問題あったら言ってください)

解散後・・・・・

オデコさんと私は車に自転車積んだり、片付けたりしてさあ帰ろうとしたその時、事件は起こりました。

まあ時間も遅く、だいぶ寒かったのもあるかもしれないが・・・

ちぶおさんエンジンかからなーーーーい!

バッテリー上がってるうううううううううう!

オデコさんヘルプ!
オデコさんのプリウスからジャンプ!
ジャンプコードは持ってます私。

さあ、ボンネット開けて繋ごうとしたら・・・

プリウスバッテリーどこ・・・・?

バッテリーがない!
調べたらトランクにあるようで!!

なんとかジャンプ出来ました。
実は解散後こんなことがあったんだぜ・・・・というお話。おほほ。

まとめ

・ちぶおさんペダル外れない事件
・ちぶおさんやっぱりパンク事件
・ちぶおさん解散してなおなんかある事件
・イルミネーション綺麗だよ
・深夜は寒さと氷に気をつけよう
・RL8は乗ってて気持ちいい

まあ、結局ちぶおさん接待ライドになってしまいました。すいません。とほほ。

僕が戦ってきた坂たち 2018

ちぶおです。
今日はですね、日記的な記事ではなく、新たなパターンの記事を作ってみようと思いまして。

タイトルは

僕が戦ってきた坂たち2018

5月にロードバイクを初めて、2000kmくらいしか乗ってないんですけども、その中で色々な坂を登ってきたわけです。

言っておきます。

坂は苦手です!好きなわけでもありません!

そんな坂が苦手なちぶおさん目線で勝手な坂レビューを始めます。
坂をキャッキャウフフできる人には全く共感できないスペシャルレビューです。
キツイとしか言ってないのはご愛嬌。

間違ってたら補足くださると幸いです。

1.月形から厚田へ抜ける山道

月形から厚田へ抜けるのに2つほど山があります。その二つ目が青山だったかと思う。
ここが初めて行った山。ロード初めて2週間で100km走った時の山なのであまり参考にならないかもしれませんが。フラットペダルだったし。
登っていきなり足つきました。初めてなのでペースがわからなかったのもある。

今度もう一度行ってみたいが・・・そのうち。
4%くらいなのかな?キツかった記憶のみ・・・

追記。最初の山の入り口が8%くらい、それ以降はきつくて6%くらいらしいです…(糸さん情報)

2.長沼スキー場

ここはもう語ることはないでしょう。
そらちグルメフォンドの坂バカオプションでもありますスキー場登るコース。
1kmちょっとなのですぐ終わるとはいえ、その斜度は10%オーバー。
なんせキツイ。1kmちょいで終わるのだけが救いです。
登っても絶景とかありませんし。

3.旭山記念公園

これは前述の長沼スキー場で足を使い切ってから行ったからかもしれないけども、めちゃくちゃキツかったです。
登った後は絶景があるのでそこで少し癒されます。距離は1.5kmくらい?
勾配は9%とかなのかね。ここもいつかリベンジしたい。

4.張碓峠

国道5号線を小樽に向かうとあります。はりうすと読みます。
ここは3%くらいなのかな?そんなにしんどくないです。まだ戦える。
ちょいキツ。

5.励ましの坂

小樽市内にある超激坂。23%とかだっけ。距離はそんなにないんですけどやばいですここは。前輪が剥がれそうになります。
そして、登りきれませんでした。ギブアップ。一度止まるともうスタート出来ないし。キツすぎ。

6.支笏湖への道

真駒内側から支笏湖に向かうと大小の山を4つ超えることになります。
これが結構過酷。距離も長いし補給も出来ないので体の準備も心の準備も必要です。平均4%くらいだけどこれは下りも込みなので・・・

支笏湖から札幌へ向かうと最初の坂がかなりキツイ。
ただ湖向かうだけと思うなかれ、過酷な山越えの道となっています。

オプションにオコタンペ湖への道もありますがここは斜度10%くらいが2kmほど続くなかなか過酷なコース。やっぱりキツイ。

でも支笏湖もオコタンペ湖もたどり着いた時の達成感はかなりのもの。

ただ全般的に道路が酷いです。
オススメ!・・・はしません。

7.滝野すずらん公園

滝野霊園の方へ登る道ですね。モアイの公園が目印!
前述の支笏湖とかに比べると全然大丈夫。登れます。大丈夫。

ちょっとキツイくらい(結局キツイ)

8.小林峠

みんなご存知小林峠。峠に行くまでの登りもちょっとキツイ。
峠もちょっとキツイ。
けど距離がそうでもないので大丈夫。登るだけなら登れます。どこもそうだけど。

9.大夕張

シューパロ湖への道は延々と登りだけど、勾配は1〜2%と緩め。
ただ30km以上あるってだけ。平坦に見えるけど地味に登ってるのでスピードが出ないなと思って頑張ると手痛いしっぺ返しが。じわじわキツイけどシューパロ湖は絶景なのでオススメです。道路も綺麗。

10.万字峠

泣く子も黙る万字峠。5%〜6%を10km登ります。てっぺんは急カーブ注意の看板だけで景色も何もないので景色はてっぺん少し手前の開けたところで楽しもう。
道もよく登りやすいんですが、なんせ長くてキツイ。
3回登ったんだけどやっぱりキツイ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでが今年登った坂たちです。
ちょいちょいアップダウンは除いてます。栗山あたりのアップダウンとか、鵡川行く途中のアップダウンとか、どこもかしこも結構キツイ。

では!

ちぶおヒルクライムコース2018ベスト3発表します!

3位!大夕張!

まったり登って景色最高!

2位!支笏湖!

めっちゃキツイけどたどり着いた時の達成感はひとしお!

そして1位は!

万字峠!

なんだかんだキツイキツイ言いながら3回登ってるということは魅力があるのでしょう。

いや・・・近所なだけか!?

以上で僕が戦ってきた坂たち2018を終わります。
現場からちぶおでした!

ロードバイクのホイールを変えてみた。

ちぶおです。
毎日更新頑張っています。

大食いネタもそろそろ入れていきたい今日この頃です。

AC真駒内マラソン終了後、私は恵庭に向かいました。

オデコさんとの密会です。

なんでも、某ショップでホイールを格安で提供してくれるとのこと。
もう作られていないアルテグラのホイール(WH−6800)なのですが、試乗車に履かせていたやつを安く提供してくれるとのことで、飛びついたわけです。

今履いてるWH-R501(鉄下駄)よりは格段にいいはず。

重量 1640g(鉄下駄より300gほど軽いらしい)

たかが300g、されど300gなのだろうか。
チューブレスにも対応しているとか。いつか試してみたい。

そんなわけで今日はタイヤの組み替えを!

タイヤを外して・・・

初めてのスプロケ外し!
回すのがちょっと怖かった。

ガコッと外してバラバラっと簡単に外れます。
この工具こうやって使うのか・・・

スプロケをつけた後はタイヤを組み替え!

固い!嵌めるの大変!

なんとか組み替え。チューブは入ってますよ。
空気圧が今より少なくて良さそうな感じです。

はい完成です!

ちょっと試運転してみたけど、なかなか軽く感じますぞ。

漕ぎ出しがだいぶ違うぞ・・・
これはぜひ坂でも試してみたい。

が、ずーっと夜勤なのでいつになるかはわかりません。

来年になったりして。

チューブレスにするとまただいぶ違うみたいなので試してみたいです。
今のタイヤの交換時期がきたら考えようと思います。

また、自転車の楽しみが増えましたな・・・

ホイールを変えることによって11速対応になったので次はコンポかのう・・・

ちぶルべ1021大夕張200 第4話(多分最終回)

ちぶおです。
今週はずっと深夜の夜勤なので毎日更新する勢いで行きましょう。

嘘ですごめんなさい。

第4話

第3話はこちら

さてさて。
桂沢湖を後にしたチームちぶまるは、岩見沢を抜け、帰路につくことにします。

岩見沢へ行くまでの地味なアップダウンが効いてくる。
日も暮れてしまい、暗い裏道はやめて、12号線をまっすぐ帰ることにしました。

それにしても腹が減った。コンビニはまだ見えない。
こんなことなら三笠のセイコーマートに寄ればよかった。
でもそんなに寄り道してたらますます遅くなっちゃうしな。
すっかり日も暮れてちまったな。

ブツブツブツブツ・・・

ちなみに副部長は、合流を諦め、帰ってしまいました。
すまぬ・・・我々が遅いばっかりに。

岩見沢市内に入り、ようやくコンビニ。

がっつりと補給します。
ここから札幌まで一気に帰りますよ。

12号線→江別から275号線→丘珠空港通り

275号でねこまるさんトラブル!

サイコンが反応しなくなってしまいました。
マグネットがズレたかどうか、何度か止まりながら確認して復活。

今回のデータが飛んじゃうのは流石に忍びない。
だって200kmよ200km!

それ以外は特にトラブルもなく、無事に帰還!

と思ったら

ガーミン様「まだだバカタレ。200km行ってないぞ」

くっ!
12号にした分距離が縮まってしまったか。

ちょっとうろちょろして距離を稼ぐ。

ガーミン様「よしよかろう。200km達成おめでとう」

よっしゃああああああ
やったぜ200km達成じゃああああああ!!

無事にゴール。トラブルもなく、200km達成出来ました。
ちょっと(だいぶ)膝が痛いくらいのものである。

ねこまるさんと健闘を讃え合い、歓喜のプロテイン。

総時間12時間43分
走行時間 8時間42分

ブルベ200ならギリギリ?

達成感に酔いしれながら駐車場に戻ると・・・

なんか前に停めている車がパッシングしてくる。
なんだろう?
遠目の確認でもしてるのかな?

なんかこっちを見ているような・・・

ガタッ!

車から人が降りてきてこっちに向かって走ってきた!

え!なに!?なんなの!?やめてくれよ!

うひゃあああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

パシャリ

ヒェッ・・・

なんとハンサムさんくさきょさんでした。

まじで焦った・・・

健闘を讃えに待ち構えていた模様。

美味しい写真も提供してしまいました・・・

今日一番ビックリしたのはこれ!!いやービックリした!

拉致されるのかと思った!

 

そしてもう一つびっくりしたことがあります。

 

 

199.96km・・・・

200km行ってないやん。

 

おしまい。

スペシャルサンクス

たんさんどうもありがとうございました。

ちぶルベ1021大夕張200 第3話

ちぶおです。

ちぶルベも中盤にさしかかって参りましたね。

ここからは一気に進む予感です。

第3話

第2話はこちら

シューパロ湖に向かうまでの道は走りやすく、景色もよく、非常にいい。

が、ねこまるさんはガラスを踏む。

トラブル回避のためタイヤに刺さってないかチェック!こういうチェック大事。

そしてズボンの裾を巻き込まないようにするのも大事!

ずーーーーーーーっと登りです。

登りといってもそんなに激しくなく、1%や2%の緩やかな勾配でした。

パッと見平坦なのでなかなかスピードが出ず頑張っちゃう所もあるが、GARMIN様はしっかり勾配を教えてくれる。

オフコースも教えてくれるしカロリーも教えてくれるし素晴らしいデバイスであります。

風情のある街並みを抜け、山へ向かう道を走ります。ただひたすらなだらかです。

ちょっと長めのトンネルを抜けるとそこは

13:20

噂のシューパロ湖きたああああああ

これがシューパロ湖!

向こうに橋も見える!

撮影タイム。

湖を横目に先に進む。

また撮影ポイントが!

撮影タイム。

け、結構大きい湖だな。

ああ、また!またしても撮影ポイントが!

撮影タイム。

ジョジョ立ち。しっこをがまんしているわけではありません。

がっつりシューパロ湖を堪能しました。ふふふ。

さぁ次は桂沢湖へ!

シューパロ湖を過ぎるとほどなくしててっぺんを迎え、ここからは延々と下り。

一気に下ります。

14:50

見えたよ桂沢湖!

はいここも撮影ポイント!

実際の桂沢湖の公園はまだ先です。

右膝が痛い。

スタート時踏みすぎか。

それとも基本的にポジションがあっていないのか。

地味な上りがそこそこあるのでじわじわ足に来ます。

そして何故か、心拍が上がらなくなって来ました。

これは、あかんやつかしら…

15:10

ドリンクも補給食も無くなり桂沢湖の公園到着。

ここはドリンク補給出来ます。

が、この季節、食料はありません。

この恐竜食っちまうか。

さすがの私も食えないので仕方なく先に進むとします。

凸凹自転車部副部長が岩見沢まで激励に来てくれたみたいだけど合流は難しそう。

なかなかの疲労です。

右膝ももうトルクかけれません。困った。

残り80km。もうすぐ2/3が終わります。

ここから岩見沢に抜け、札幌に帰ります!

次回感動の最終回!ちぶお&ねこまるの冒険は一体どうなってしまうのか!

つづく