ちぶおチャレンジ函館旅情編=第1話=

いやいや、書くネタはたくさんあるんだけど、書きたいものからどんどん書いちゃっていこう。
これはそう、まだまだ結構新しいネタであります。

 

7月某日

くさきょさんが7月の連休からめて道東に旅に出るので、日程併せて向こうで走りませんかとのお誘いを受ける。
よっしゃ行こうか。ルートは納沙布岬と野付半島は行きたいぞなどと話していたのだが、
オール自走の一人旅なので、いつ走れるかはっきりわからないとのことで白紙になっちゃった。

じゃあどうすっかな、5月の連休にコロナで行けなかった函館でも行こうかななどと思ってたら、
たんさんが函館自走チャレンジするらしいって。ほほー

わしもしてみようかな・・・

ハンサムさんとキャヴェツさんは車で函館行って旨いもの喰らって函館の周り走れりゃいいやというスタンスらしい。

ほ、ほほー

・・・何かあったら助けてもらえるやん。
向こうで合流できるやん。

 

などと邪な気持ちのちぶおさん、作戦立てることとする。
あくまでも!オール自走でね!オール自走!

用意

600ブルベレベルの用意+着替えも必要である。
現地でビンディングシューズは辛いのでサンダルも必要だ。

宿はどうしよう。
探したら普通にあったので安いところでいいや。洗濯機さえあれば。
ってことでドミトリータイプの宿、2泊で5000円だって。

ハンサムさんキャベツさんがいるので輪行袋は積まない。何かあったら泣きつく。

ルートは普通に中山峠抜けて長万部からひたすらR5。

こんな感じ。3342m登るとあるけど、ガーミンコネクトでルート引くとなぜか高めに出ちゃうんだよな。
実際は2000くらいでしょう。

新篠津→江別→札幌→喜茂別→ニセコ→蘭越→黒松内→長万部→八雲→森→七飯→函館

280㎞ちょいであります。
朝4時に出れば、19時くらいには着くかなってざっくり計算は私の得意とするところである。

全部積んでみるとサドルバックがデカイな。乗ってみるとすごく重たい。うーん仕方ないか。
ダンシングしたら飛んで行っちゃうんじゃないのかな!?

ゆでとうきびを仕込んでさあ出発だ。

7月23日 朝4:30

出発である。いきなり30分のビハインド。
到着は19時半くらいかな。もうすでに計算が狂った。

しかも

小雨で路面ウェット・・・先が思いやられるぜ。

しかし賽は投げられた。れっつらごーである。

 

つづぬ

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です