2019年ライド1発目 羊蹄山一周

ちぶおです。
今年初の外を走ってきましたのでその時のレポ行きます。
割と新鮮なネタゆえにわりに覚えておるぞ!

3月20日

翌日3月21日に走る予定でしたが、天気が悪そう。
そこでくさきょ氏。

20日喜茂別ナイトとかないかなぁ

とツイートしたが故に集まった参加者4人。
わりとなじみのメンバーになってまいりました。

ハンサム
鶏キャベツ
くさきょ
ちぶお

尚この日は当然ながら水曜日(ド平日)である。

集合場所は喜茂別町の道の駅。

ちなみにうちから2時間半かかる。
仕事を終えダッシュで帰り支度をし向かったとしても着いたら20時。

何か問題でも?否!ない。

ちぶお「喜茂別いかなあかんのや!定時で上がるで!

同僚A「喜茂別!?これから!?

ちぶお「せやで

同僚B「クレームかなんかあったんですか!?

ちぶお「自転車乗りに行くんや

同僚C「は?これから?

ちぶお「なにか?

同僚D「どうなったらそういう話になるんですか?

ええい。外野はだまっておれ。
急いで帰って支度して出発だ。

シューズ忘れた。これはUターン。

喜茂別に向かうにはやはり中山峠が一番早いのかな?

ハンサム「一番ですね。

はいわかりました。


予定通り20時ごろ喜茂別到着

ほぼ同時刻に鶏キャベツ氏とくさきょ氏、ハンサム氏も全裸で待機していた。いや服は着ていた。

いそいそと支度をしていると

グローブが右手ふたつだったことに気付く。

夜の喜茂別を素手でライドすることになt

インナーグローブと、たまたまもう1セット車に積んでいたので事なきを得た。
あぶないあぶない。

というわけで無事出発。気温は0度だが不思議と寒さはあまり感じない。
今回のコースは羊蹄山一周。55kmほどのライドとのこと。
昼間に走ってみたいコースでもある。

喜茂別の町内は走りやすく、京極に抜ける道もまた走りやすい。
そこに写真スポットがあるというので停車。

夜です。
暗いです。景色もくそもありません。

僕以外の3人のカメラはしっかりと羊蹄山をとらえている!ほら!

ひとしきり撮影して出発。

ときおりアタックを交えながらキャッキャウフフと走るのである。ズバババァン!

実際のところ、ドグマとtereには全くついていけません。メリダの登りはついていくのがやっとです。

始めての実走パワーメーターを堪能するのであった。
800wとか一瞬出て喜ぶ。


あー楽しい。

あ、実はワタクシ、母方の実家が京極に、父方の実家が倶知安にあるという生粋の後志っこである。

生前爺さんが世話になっていた施設を自転車で通過

そして火事でなくなってしまった母方の実家を自転車で通過

さらに母方の祖母の家を自転車で通過

まさか自転車でこの一帯を通るなんて43年間思ってもみませんでしたぞ。

そのまま倶知安に抜ける。
いとこの家の付近を自転車で通過

国道に入り、父の実家の牧場を自転車で通過

まさか自転車でこの一帯をry

このあたりズバババァンっと一気に走り抜ける。

ニセコの道の駅に到着。一瞬休憩。
アイスの店は当然やってない。これはリベンジが必要である。

ここから喜茂別にむけてズバババァンっと一気に走り抜ける。

後半の登り基調がじわじわ来るぞ。
どんどん遅れていく。

そして喜茂別に帰ってくる。

素晴らしいコースでした。
ハンサムさんのホームコース、羊蹄山一周TTでござんした。

今回の走行データ!


走るだけ走って解散するころ、時間はもう0時を回っていた。
帰りに山岡家で腹ごしらえ。


寄ってるところがバレバレで激写されていた。

帰りはさすがに睡魔に勝てず10分睡眠。
帰宅する頃、深夜3時

Q.何しに行ったの?

A.自転車乗りに行ったんだよ!

まとめ

最高のコースなので昼間に絶対走るぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です