ピナカフェチームライド小樽編 中編

前編のあらすじ

小林峠でヒイヒイ。

張碓峠でヒイヒイ。

祝津でヒイヒイハンガーノック気味。

祝津から降りて次に向かうはオタモイなのですが、

その間にも結構な坂があるやんけ・・・・

無理っす。もう無理っす。結構登ったよここも・・・

んで、コンビニっぽいとこでみんな待ってたんですけど、

そこは床屋でした。補給はまだない。

 

やばい。この後のオタモイがなんぼのもんかによって・・・・

 

変わるんだよ・・・ね。

 

 

事前ののりたつおじちゃんの話によると

「ほんとにやばいから気を付けて!!」

の一点張りであった。

 

レッツゴーオタモイ!0.5km11.9%

バカじゃねーのかなんだよこの坂。
しかも砂が多くてグリップ危険じゃないか。
距離はそうでもないけどとんでもないきつさだ。

なんとか上り切る。
この先は海岸に向かってつづら折りの下り。

とんでもない斜度だ。

ブレーキ握りっぱなしで握力も辛い。
15%くらいの下りをつづら折りで下っていく恐ろしい道。
車も1台通るのがやっと位の狭さ!

やばかった。とてもやばい下りだった。
しかしここからの景色は絶景なのでぜひ見て頂きたい心霊スポットである。

 

オタモイ海岸。ただの崖だよ。良い景色。

 

さてと。
とてもやばい下りだったということは、戻るにあたっては

とてもやばい登りになるのである。

グッバイオタモイ!0.9km12.7%

つづらおりを数えながら恨めしく登ります。
写真を撮ってる余裕などみじんもない。

いーーち

にーーー

さーーーん・・・ゴフ

よーーーーん・・・

ごーーーー・・・・・おおお

ろーーーく・・・

しーーーち・・・うぐぐぐぐぐぐ

はーーーーち

うおおおおおわったあああああああああ

入口に帰ってきたときにはもう・・・息も絶え絶え虫の息。

書いてるだけで思い出して吐きそうになったので・・・

 

後編につづくこととする・・・

 

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です