ちぶおの台湾旅行記2〜台中編

ちぶおです。

書こう書こうと思ってもなかなか進まない僕の筆。
やっと書いたぞ台湾旅行記第2話は台中から。

 

6月22日 昼くらい

新幹線で一気に行くよ台北から台中。
到着して直ぐに昼食。

似たような料理が多いですね。うん。

美味しいと言えば美味しいけども、普通と言えば普通。

食事に関してはずっと似たような感想が続くのである。

 

 

そしてお次は宮原眼科とやらに行きます。

宮原眼科。

床に記されておりました。
しかし眼科とは名ばかり。

中はこんなことになっておりまして、お菓子とか売ってます。
蔦屋書店にイメージが似ている。うん。

ここで有名なのは、アイスだよアイス。
日本語上手なおっちゃんが、買い方を教えてくれる。

と思ったら日本人だった。

 

買い方。

選択肢が多すぎてめっちゃ困るぜ。

さらにトッピングも選べる。

とりあえず、あれもこれもと盛り込んでもらった結果。

 

すげえデカイのになった。

外は暑いのでね。美味しくいただきましたよ。美味しい。デカイ。いい。

 

さてさて、ツアーなのでそんなにゆっくりもできず、どんどん移動であります。

高美湿地。

5cmくらいの水辺がずーーーーっと続いています。

片方のハサミがやたらでかいカニが無数にいる。

靴を脱いで歩いていきます。ぬるい。

まあ、ただの水辺と言えばそれまでだけど、ちょっと涼しかった。
観光客もたくさんいたよ。

まあバチャバチャとはしゃいでこの日の観光終了。

夕食

今回新登場のこのスープは見た目と裏腹にあっさりしていて美味しいです。
なんのスープなのかはわからん。揚げのようなかまぼこのようなものが入っていたな。

台湾ビールが美味い。

さて、台中の夜市でも行ってみますか。
歩くと結構離れてるらしいけど、運動不足なのでちょうどいいと同僚連れて歩いて出発。

逢甲夜市

大学の近くの夜市。歩いて40分かかった。これはさすがに暑いし疲れました。

すごい人である。
ここはほとんど外なので暑い。
独特の匂いも健在である。

結局何も買わなかったし食べなかった・・・
同僚はサングラスとかTシャツとか買ってた。ウンウン。

帰りはさすがにタクシーで帰った。
びっくりするほど安かった。

タクシーでいいじゃんと恨めしそうにみてくる同僚の顔を僕は忘れないだろう。

就寝。

6月23日 朝5時

今日も走るよ。

昨日歩いて通った道が不思議な感じだったので明るい時に見てみたい。

なんか光ってる棒が立ってるんだよね、この公園?

敷地も広くで走るにはちょうどいい。

なんか楽しいぞ。

だが決して気持ちいいわけではなく、生ぬるい風がムンムンである。

5kmほど走ってやめた。

朝飯は普通だった。

パッテンライ

この日はまずは博物館っっぽい所に行くらしいけど、その道中、アニメを見せられた。

パッテンライ 南の水のものがたり

興味のある人は是非みて欲しい。ググったら出てくるぞ。
日本人の八田與一技師が台湾で巨大なダムを作って、台湾最大の穀倉地域を作り出すお話である。
台湾では知らない人がいないくらい有名だとか。

実際に作られた烏山頭ダムは台南編で紹介させていただきます。今回は台中編なのである。

 

故宮博物院

あの遠くに見えるのが博物院だ。
大型バスで行けないので、小さなマイクロバスでピストン輸送。
1kmそこそこなんだから歩いてもいけるぞ。公園で水辺なので気持ちいい。

こいつ・・・・が入り口付近にいるよ。
lampreジャージのスタッフがいっぱいいたよ。メリダのお膝元。

受付ではこいつが・・・・力尽きてました・・・働け。

 

ヘッドホン渡されて中に入ります。

ま、まあこんな感じである。ヘッドホンから説明が聞こえてきたが右から左に抜けていった。
いや、右から来たやつを左に受け流した。

・・・説明をまるで聞いていなかったのはここだけの話にしておいていただきたい。

で、でもたくさん展示あったし、撮影もokなので是非見たらいいですよ!

 

以上。

帰りは走って戻った。同僚の数奇の目を僕は忘れない。

台中はここまで。

パッテンライを見ながら、台南方面へ向かいます。
パッテンライ面白いよ。パッテンライ。

八田来と書いて

パッテンライ。

 

台南へ続く

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です