作.AC真駒内マラソン レポ1

どうもどうも、ゾンビちぶおだよ。
今回は久々にマラソンの記事を書いて行こうと思います。

11月3日、北海道最後のフルマラソンに参加してきました。

振り返るとここ数ヶ月、自転車にかまけてろくに走ってないんだよね。

実際の走行距離を見てみよう。

9月。
25.5km

10月。
32.6km

北海道マラソンの後、こんだけしか走っておらず、さらには長くても10kmくらいしか走っていない体たらく。

ところが。
自転車

9月614.4km
10月423.8km

やりすぎである。ご存知の通り一度に200kmだって走っちゃってる。

さあ、こんな練習不足でもフルマラソンはなんとかなるってところを見せてやろうじゃないか。

今回のマラソン大会は参加者1600人程度の小規模な大会です。
フルマラソンの小規模な大会はガチンコ勢が集まると相場は決まっています。

コースについては、真駒内から豊平川河川敷10kmのコースを4周する周回コース。記録は出しやすいが心が折れる設定となっています。
そしてこの大会には細かくペースメーカーが設定されています。
このペースメーカーが厄介で厄介で・・・・後述します。

天気は快晴。
過去2回この大会に出ていますが、いつも雨か雪、気温は0度とかの過酷な大会でした。今回は天気もいいし、記録が出そう。逆にいえば言い訳できない環境でもあります。

準備
補給ゼリー5本
ヴァーム。スタート少し前に。
おにぎり3個。移動中に完食。

シューズはアシックスターサージール5
めっちゃ軽くてめっちゃ足に優しくない玄人向けの背伸びシューズである。私が履くには5年は早い。

今回の事前申し込みは1キロ5分30秒ペースのペースランナーについて行くという設定でございます。行けるところまでついて行こう。

この、

行けるところまでついて行こうっていうのがそもそも罠であります。

行けるところまでついていく。

これって裏を返せばまず間違いなく最後までついて行けないってことであります。
行けるところまでついて行くという考えはフルマラソンでは取り返しのつかない事態になりかねません。ましてや練習不足。さらに4時間切ったこともないのにこのペースメーカーについて行くこと自体がおこがましいことを当の本人はわかっていません。なおこのペースメーカーについてゴールできると3時間50分となります。

ちょっと自転車で200km走れたからと行って完全におだっているちぶおさん。自転車とランニングはそもそも使う筋肉が違うことをわかっているくせに都合の悪いことは何処かにやってしまいました。

心肺機能は大丈夫なんだけどね。

というわけでスタートです。
当然最初はついて行けます。ここで尚更行けるんじゃないかと勘違いが始まります。

一体どうなってしまうのか。
ゾンビちぶおとは一体なんなのか。

次回明らかに!?

つづく。

ちぶルべ1021大夕張200 第4話(多分最終回)

ちぶおです。
今週はずっと深夜の夜勤なので毎日更新する勢いで行きましょう。

嘘ですごめんなさい。

第4話

第3話はこちら

さてさて。
桂沢湖を後にしたチームちぶまるは、岩見沢を抜け、帰路につくことにします。

岩見沢へ行くまでの地味なアップダウンが効いてくる。
日も暮れてしまい、暗い裏道はやめて、12号線をまっすぐ帰ることにしました。

それにしても腹が減った。コンビニはまだ見えない。
こんなことなら三笠のセイコーマートに寄ればよかった。
でもそんなに寄り道してたらますます遅くなっちゃうしな。
すっかり日も暮れてちまったな。

ブツブツブツブツ・・・

ちなみに副部長は、合流を諦め、帰ってしまいました。
すまぬ・・・我々が遅いばっかりに。

岩見沢市内に入り、ようやくコンビニ。

がっつりと補給します。
ここから札幌まで一気に帰りますよ。

12号線→江別から275号線→丘珠空港通り

275号でねこまるさんトラブル!

サイコンが反応しなくなってしまいました。
マグネットがズレたかどうか、何度か止まりながら確認して復活。

今回のデータが飛んじゃうのは流石に忍びない。
だって200kmよ200km!

それ以外は特にトラブルもなく、無事に帰還!

と思ったら

ガーミン様「まだだバカタレ。200km行ってないぞ」

くっ!
12号にした分距離が縮まってしまったか。

ちょっとうろちょろして距離を稼ぐ。

ガーミン様「よしよかろう。200km達成おめでとう」

よっしゃああああああ
やったぜ200km達成じゃああああああ!!

無事にゴール。トラブルもなく、200km達成出来ました。
ちょっと(だいぶ)膝が痛いくらいのものである。

ねこまるさんと健闘を讃え合い、歓喜のプロテイン。

総時間12時間43分
走行時間 8時間42分

ブルベ200ならギリギリ?

達成感に酔いしれながら駐車場に戻ると・・・

なんか前に停めている車がパッシングしてくる。
なんだろう?
遠目の確認でもしてるのかな?

なんかこっちを見ているような・・・

ガタッ!

車から人が降りてきてこっちに向かって走ってきた!

え!なに!?なんなの!?やめてくれよ!

うひゃあああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

パシャリ

ヒェッ・・・

なんとハンサムさんくさきょさんでした。

まじで焦った・・・

健闘を讃えに待ち構えていた模様。

美味しい写真も提供してしまいました・・・

今日一番ビックリしたのはこれ!!いやービックリした!

拉致されるのかと思った!

 

そしてもう一つびっくりしたことがあります。

 

 

199.96km・・・・

200km行ってないやん。

 

おしまい。

スペシャルサンクス

たんさんどうもありがとうございました。

ちぶルベ1021大夕張200 第3話

ちぶおです。

ちぶルベも中盤にさしかかって参りましたね。

ここからは一気に進む予感です。

第3話

第2話はこちら

シューパロ湖に向かうまでの道は走りやすく、景色もよく、非常にいい。

が、ねこまるさんはガラスを踏む。

トラブル回避のためタイヤに刺さってないかチェック!こういうチェック大事。

そしてズボンの裾を巻き込まないようにするのも大事!

ずーーーーーーーっと登りです。

登りといってもそんなに激しくなく、1%や2%の緩やかな勾配でした。

パッと見平坦なのでなかなかスピードが出ず頑張っちゃう所もあるが、GARMIN様はしっかり勾配を教えてくれる。

オフコースも教えてくれるしカロリーも教えてくれるし素晴らしいデバイスであります。

風情のある街並みを抜け、山へ向かう道を走ります。ただひたすらなだらかです。

ちょっと長めのトンネルを抜けるとそこは

13:20

噂のシューパロ湖きたああああああ

これがシューパロ湖!

向こうに橋も見える!

撮影タイム。

湖を横目に先に進む。

また撮影ポイントが!

撮影タイム。

け、結構大きい湖だな。

ああ、また!またしても撮影ポイントが!

撮影タイム。

ジョジョ立ち。しっこをがまんしているわけではありません。

がっつりシューパロ湖を堪能しました。ふふふ。

さぁ次は桂沢湖へ!

シューパロ湖を過ぎるとほどなくしててっぺんを迎え、ここからは延々と下り。

一気に下ります。

14:50

見えたよ桂沢湖!

はいここも撮影ポイント!

実際の桂沢湖の公園はまだ先です。

右膝が痛い。

スタート時踏みすぎか。

それとも基本的にポジションがあっていないのか。

地味な上りがそこそこあるのでじわじわ足に来ます。

そして何故か、心拍が上がらなくなって来ました。

これは、あかんやつかしら…

15:10

ドリンクも補給食も無くなり桂沢湖の公園到着。

ここはドリンク補給出来ます。

が、この季節、食料はありません。

この恐竜食っちまうか。

さすがの私も食えないので仕方なく先に進むとします。

凸凹自転車部副部長が岩見沢まで激励に来てくれたみたいだけど合流は難しそう。

なかなかの疲労です。

右膝ももうトルクかけれません。困った。

残り80km。もうすぐ2/3が終わります。

ここから岩見沢に抜け、札幌に帰ります!

次回感動の最終回!ちぶお&ねこまるの冒険は一体どうなってしまうのか!

つづく

ちぶルベ1021大夕張200 第2話

オフコースちぶおです。

更新頻度をバババーーンとあげていこうと思う今日この頃。

夜勤が多くてちょうどいいね。

第2話

第1話はこちら

スタートに戻ったちぶまる一行はここで初めてオフコースの意味を知る。

道に間違ってるんだよと。

ここで考え直し、地図を見る。

白石のサイクリングロードにたどり着けばいいのです。

そこからはわかりやすい。北広島に抜ければこっちのものであります。

さあこれを見て欲しい。

前者がたんさんの引いた正しいコース。

後者が我々の走ったコースだ。

ところどころ謎の動きが見て取れると思う。

この謎の動きこそがまさに

オフコースである。

そんなこんなで命からがらサイクリングロードについた。地味に1時間近くの遅れであります。

札幌の街なんて嫌いだ。

だがここまでくれば一安心!あとは道なり!

さっそうと駆け抜けるサイクリングロード!

木漏れ日と紅葉が良い感じに秋感を醸し出していますね!

サイクリングロードでねこまるさんが赤いメリダの知り合いと遭遇!

200km走るんだぜいぇーいというやりとりを交わし、ちょっと大丈夫かこいつらという視線を感じながらサイクリングロードを駆け抜けます。

ここからは特に面白いことなんてないよ。

淡々と田園を先頭交代しながらシンクロストレートツイン!

ちょっと休憩。

ふれあいファームいずみ。農産物直売所と奥ではちょっとしたレストランも。

ここのそばはめっちゃ美味いのですが今回はスルー。

たんさんにペースの確認をすると、少し遅いみたい!

慌てて出発!

たしかにまだ夕張にも入ってないもんな。距離にして150kmは残ってる。そう考えるとすっごく長い気がしてきたぞ…

だがしかし!そんなことも忘れる天気の良さと景色の良さ!

そして予期せぬ坂…

まあそんなに距離はなかったので一気に登ります。すると!

絶景きたあああああああああ!果てしないぜ!

すんごく良い天気。すんごく良い景色。

道路もいいし最高と言っていい。

あーー!馬!馬ぁーーーーーーーーーー!

口笛吹いたらこっち向いたぜ!

そして…

テンションMAXはばたくねこまるさん。とても楽しそうでよかった。

しかし地味に気持ち良さと裏腹に蝕まれていく私の体。

なんかすっごくだるいし、体が重い。ハンガーノックかな!?

まだ夕張入ってないでよ…

コンビニもないし、ポケットに忍ばせた補給食をかじりながら頑張る。

さあ夕張っぽくなってきました!

ここから夕張紅葉山方向へ!

ねこまるさんに引いてもらいながらヒイコラヒイコラ。

やっと辿り着いたぜ補給ポイント!

ここでは鬼のように補給しなくてはなりません。

道の駅夕張メロード

ここは全件制覇したいところ。

まずは

メンチカツバーガー(大)とオレンジジュース!

夕張メロンソフト!

足りない。

ねこまるさんの食べてるご当地カレーそばがうまそうだ。

奪って食べよう買いに行こう。

20分待ち…か。

まだペースは遅れ気味なのでここは諦めてシューパロ湖に向かう。

この先、地図を見ると50kmくらいだらだらと登ってるように見えるんだけど…

たんさんに確認。

お、おう。そ、そんなに遅くなるのかな…

一行はシューパロ湖へ向かって旅立つのであった。

ネタがあまりなくてすみません。

つづく。

ちぶルベ1021大夕張200 第1話

やあやあ、ちぶおだよ。

ついにやったよ200kmチャレンジ。ロードバイク一年生、期末試験的な?

今回のCAST。

ちぶお
ねこまる
たん(サツロックバイシコー)

少数精鋭でお送りします!

プロローグ

ある日。

長距離ライドに憧れるワシにたんさんのプッシュが!

「ちぶおさんなら行けますよ!行っちゃいましょう!」

この一言から始まり、たん先輩に装備とか色々教わり、ルートまで作っていただきました。

あとは挑戦の時、いつも道連れ常に共に挑戦してきたねこまるさんをつかまえ誘い、3人の少数精鋭で行くことになったのである。

10月20日(勝負前日)

なんと、頼みの綱たんさんの膝が逝きDNSのお知らせが…

こ、これは!

前の支笏湖往復の時とおなじ!(前は糸さんDNS)

チームちぶまるの愉快な冒険になってしまうのか!

明らかに不安そうなねこまるさん。もう慣れてる。

大丈夫大丈夫!

行ける行ける!

たんさんは生霊として着いて(憑いて)きてもらうこととし、2人で挑戦することになりました。

コースはこんな感じ。

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=b7fd1fe9bcda7b734a926a23578adb96

札幌から北広島、大夕張桂沢湖ぐるーっと回ります。

ちょうど200kmってとこ。

10月21日(勝負当日)

朝5時、家を出ます。

 

走っているうちに日が登ってきます。

朝6時。伏古のセブンイレブンにて準備

いい天気!

でもやはり朝は寒いのでシューズカバーが要りそうです!

………………。

さあ、ガーミンセッティングして出発!

スタートしてすぐ

ピコピコなってます。

オフコースって出てる。

オフコース。訳すると

もちろん。

い、意味わかんないね!

ビシッと表示を消してそのまま走ること10km。

スタート地点に帰ってきました。

わたくし、しばらくねこまるさんの顔を見ることが出来ませんでした。

チームちぶまる

一体どうなってしまうのか!

無事に札幌脱出できるのか!

第2話つづく。

SSM1014鵡川170完結

ちぶおです!
どんどん更新して参ります!

どんどん行こうぜ鵡川の旅も第3話。これにて完結の予定!
どこでもドアに入ってしまったハンサムさんがいなくなってしまった話の続きからである。

よーく見て欲しい。
このどこでもドアの行き先を。

むかわ

って書いてあるの。

ってわけでハンサムさんのどこでもドアの行き先は結局鵡川でした。

と、無理やりオチをつけて昼飯へ!

今回は最初から寿司を狙っていました!
大豊寿司さん!

ししゃもの寿司が食べれるんですよ!

ちょっと混んでたけどハンサムさん権利獲得。

カウンターが空きました!
回らない寿司屋のカウンター!

ご満悦のわたくし。

さあ今回の注文は

まずは寿司!

キラキラ!
卵も美味そう!
でも足りるわけないので納豆巻き追加!

そして
ししゃも生焼き!
メス一匹900円!

おい!ししゃもだぞ!
ああ、ここの本場のししゃもはでかいからね。うん。
ほんと普通の焼き魚みたいに食べる感じの大きさだからね!そうだったそうだった!

さあ大将!
ババーンと頼むよ!
金に糸目はつけねぇぜ!

え・・・・・・・・・・ちっさ・・・。

店員さん「今日のは小さいから二匹にしておきました」

ちぶお「おお、おおおお〜ら、ラッキィ〜

そこらへんのししゃもとあまり変わらない大きさ・・・

900円

でもとても美味しかったです

ハンサムさんやくさきょさんは大葉巻きのようなものを頼んでました!

糸さんは天ぷら頼んでた!

きっとこの辺はそれぞれのブログで公開されてるはずです!お楽しみに!

わたし生焼き!900円美味しいよ!

寿司もうまかった!

3,500円のランチとなりました。足りない

さて帰路について参りますよ。

追い風もあったけども

35km/h巡航・・・・

スレッガーさんかい?速い・・・速いよ!

この速さだと補給したししゃももあっという間に消化されてしまい補給が必要である。

バキュン!
必ず仕留めるぞ新開隼人ちぶお。

なんて余裕もつかの間・・・
この速さで一気に栗山まで行っちゃうんですよこのメンバー・・・

糸さん膝痛いんじゃないのかいな・・・

ってわけであっという間に栗山であります。
あいすの家にてアイスタイム!

食い入るようにアイスを選ぶくさきょ氏。

わたしと糸さんジャンボ。

つかの間の休息も
ついにチラついてきた雨により早期離脱を余儀なくされます。

急いで帰るぞおおおおおおおおおおおお

きっつーーーい!
つらああああい!

膝もいたーい!

みんなはやーーーーい!

ふおおおおおおおおお
ふおおおおおおおおお

ボーラウルトラのプレッシャーこわあああああい!

あっ!

糸さんが辛そうううううううううあああああああ
ついに膝が逝ってしまわれたか・・・・

なんやかんや栗山からはそんなに距離もないので・・・

なんとか・・・
なんとかあまり濡れずにゴールできました!

わーい166km!
平均27km/hってヤバイって・・・
明るいうちに帰ってこれちゃいました。

というわけで

まとめ

・グルメライドとはゆるポタとは限らない
・ガーミン様があると楽しさアップ
・ししゃもはうまいが大きさに気をつけろ
・鵡川のししゃもは今時期だけだよ

なんだかなんだ今回も楽しかったデス!

SSM1014鵡川170(本編)

今回の鵡川ライド記事はまだ走ってもいないのにいいねやリツイートが多いぞ。
なんでだろう。走らない方が伸びるのか!?

まだ走ってもいないプロローグはこちら。

どうも。ちぶおです。
本編はここからなのですがプロローグですでに燃え尽きちゃった感あり。

いやいやそんなことはないぞ頑張るぞちぶログ。

本編

出発である。特に何事もなく、ハンサムさんとくさきょさんが交互に引っ張ってくれます。

本日のキャストを紹介します。一人増えました。

糸さん
ハンサムさん
くさきょさん
ちぶおさん
スズメちゃん

の5名でお送りしまぁす。
え?5名?
いやね、聞こえるんですよ、鳴き声が。スズメの。

もうずっと

チュンチュン・・・チュン・・・・チュン

って
くさきょさん付近から。くさきょさんのお友達のスズメちゃんがちょいちょいといるようです。最後まで付いてきましたねこのスズメちゃん。

BBかな・・・音の正体はわからずじまいでした。

それ以外は順調に進みます。
時折ハンサムアタックを交えながら。

楽しいよガーミン。
勾配が表示されて心拍が表示されて無理してる感がよくわかる。

ハンサムさんと糸さんに置いてかれたときなんて心拍180超えてたもんね。

傾斜も
ちぶお「8%・・・・9%・・・・10%・・・・!」

ハンサム「言わなくていいーーーー!」

みたいな。実に楽しい。

天気もいいよ!

が、やはりつらいものはつらい。

安平、厚真、鵡川と地震の被害の多かった地域を進むわけで。
ところどころに爪痕はまだ残っておりました。

余裕の逆光である。
ひっでえ写真!

自然の力とはすごいものですね。

ひっでえ写真!

人間の力だってすごいぞ。人力でこんな遠くまでこれちゃうんだから。

ひっでえ写真!

なんだかんだ言いながら85km走って鵡川の道の駅到着。
ほんと車で来るのも大変なのに、自転車なんてよくやるよ。

どっかで見たあいつで写真を撮りました。いえーい。
こいつの名前がなんなのかはいまだに知りません。

あとは糸さんと足の長さを比べてみたりしましたね・・・
身長は僕の方が高いんですけど足の長さはあまり変わらなかったような・・・
その様子は糸さんのブログで確認できるぞ!

こちら

わたしのブログよりしっかり描かれております・・・

 

さて、道の駅は避難した人の生活空間としても開放されてたようです。
温泉も使えず。

仕方ないので温泉は入らずどこでもドアに入ります。

その後、ハンサムさんの姿を見たものはいない・・・

 

ゴホンゴホン!
いやいやいやいやまだまだ続きますよ。

次回鵡川ししゃもライド!
ハンサムさんを失った一行はどうなってしまうのか!

この次も見てくれよな!

 

SSM1014鵡川170(プロローグ)

なーんてブルベっぽいタイトルにしたけど
こうすると検索にはクソも引っかからないんだろうね。
鵡川でぎりぎりヒットするか。

まあ、見られたいような、見られたい!

とまあそんなことはどうでもよくて

どうも、ちぶおです。
今回は大作になるか尻すぼみになるか!

序章 本場のSSMを求めて

10月14日(日)
タイトルの通り、SSMライドをしてきました!
S(し)
S(し)
M(も)

ししも!!

本日のキャスト

糸さん
ハンサムさん
くさきょさん
ちぶおさん

の4名でお送りしまぁす。

幌向コミュニティセンターに7時集合。
いつものように目的地にたどり着けずちょっと道に迷っていたら、目の前にハンサム氏とくさきょ氏を発見。そうかそうか一緒に行こう(本人たちは気づいていない)

準備開始

さて

今回の目玉その1


ちぶおさんに渡すガーミン準備完了の図(ハンサム)

ハンサムさんからガーミン様の820Jを受け取ることになっていたのです。
見て欲しいこの神々しいサイクルコンピュータ様を!

おおおきたああああああああああああああああ
ついにワシもガーミンユーザーじゃあああああ

まあ今使ってる腕時計もGARMINの235Jなんですけどもこいつはランニング用。
バイクでも使えることは使える。ケイデンスセンサーもペアリング可能だ。

しかし、ケイデンスを確認しようとすると腕を見なくてはいけない。
腕を見ている間に足が止まっていてケイデンスゼロ!なんて何とも言えないもどかしいデバイスであった。

そこでこのキャットアイである!
こいつは自転車に取り付けるので走りながら見ることが可能だ!

ん・・・キャットアイ・・・?


よく見たらキャットアイやんけ!

なんじゃこの古めかしいデバイスは!危ない危ない!

これこれ。
ハンサムさんがセッティングしてくれた項目
画像ではわかりにくいがなぜかその中にカロリーが入っているぞ。

これで勾配を見ながら心拍数を見て消費カロリーをみてキャッキャウフフできる。
今日が記念すべき初日であります。

心拍と言えば。
235Jの心拍転送モードでも心拍を表示することは出来るが、
やはりここは付属センサー!

バンドの出番!

はいここ脱衣スポット。

この下にセクシー画像があるので苦手な方はここで読むのをやめた方がいい。
勇気のある方は読み進めて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんちゃって。ちょっと露出少な目ですいません。
露出を求めるあなたは、くさきょ氏のブログがお勧めです。

さあ心拍もOK!
それでは出発!

最初の準備段階だけでもう1000文字行ってしまいそうなので、今回は連載とさせていただきますよ。

シュッパーツ!

つづぬ~

万時峠を倒しに行ってきた。

よってらっしゃい
みてらっしゃい
ちぶログの時間だよ・・・

10月6日(土曜日)

この日は前日の夕方4時から深夜0時まで夜勤でありましたが、
翌日糸さんと万字倒しに行くと話しておりました。

糸さん「明日は幌向7時か8時!車なら(幌向の)コミュニティセンターに停めれる!

ちぶお「お、おおう。前停めたとこですな!
(ここで毛陽交流センターが頭の中に刷り込まれる)

糸さん「ですです!

というやり取りを前日しておりまして。

当日。


ちょっと万字倒してきますなんて言っちゃって
何一つ疑わず毛陽交流センターに向かったのですが

7:55
糸さん「あれ?どちらに?

ちぶお「もうようこうりゅうせんたーじゃ?

糸さん「(幌向)コミュニティセンター・・・

ちぶお「こないだ停めたとこじゃ・・・戻ります!

糸さん「そこまで行ったなら万字倒して!私は膝が・・・坂は無理・・・

 

そして糸さんは膝の痛みから少し走ってDNFしてしまった模様・・・

一人で万字行く羽目になってしまったちぶおさん。

自身三回目の万字である。
今年の5月にロード初めて万字もう3回目なんて
まるで万字が、坂が、峠が好きみたいじゃないか。

今日の目標は万字1.5往復!
万字上って夕張降りてまた登って岩見沢側降りて登って岩見沢に降りる!

前々回前回と記録も伸びてる!いけるぜ!

おらああああああああああああああああああああ
やっつけてやるぜ万字さんよおおおおおおお


足つき一回!

2回!

3回!

4回!

5回!

今日ってこんなに青空だったんですね・・・

あと2㎞・・・

唯一の絶景ポイント・・・
曇ってますやん。

てっぺん!!

公園!!

めっちゃつらいやんけ!!
誰だ1往復半とか言ったやつ!
無理にきまっとるやんけ!

返り討ちにあいました。

負け犬ちぶおはそっと来た道を引き返すのでありました。
下りはサイコーーーーーオオオオオオオオ!

恵庭レーシングとすれ違う。
コルナックさんもいた。写真はない。


毛陽交流センターに帰ってきた。もう疲れた。

言い訳タイム

夜勤明けでろくに水分も取らずおにぎり二つだけ食べて気合入れて登ったらあっという間にバテました!!

温泉でも行こう・・・と車に戻ると・・・

リアワイパーにBCAAが!
この補給は!!見覚えがある!
北海道マラソンの時にももらった!糸さんに違いない!
ここまで来てはさんで行ってくれたのか・・・ありがたや、そしてすいません。

っと、本人まだいました。少し話して解散!

ハイ最低記録!一人だとこんなもんさ・・・

温泉行って軽く補給して終了!

まとめ

万字はマジ卍である
水分や補給はしっかりしよう
出来れば一人で行くのもやめよう
往復なんて馬鹿な考えは2秒で改めよう
3回目だからと言って楽になるなんてことは決してない
今年はもうきっといかないぞ

おしまい・・・

びばいカントリーライド走ったよ

どうも、ちぶおちゃんだよ。
ツイッターで公言することにより自分を追い込みブログを仕上げる男。

今回は9月30日のお話。

びばいカントリーライド走ってきたぜ。

エントリーは70kmコース。距離は余裕です!
しかも坂あまりない!風がちょっと強いかな?
仲間も結構な人数出るので楽しんでいきましょう!

今回のお仲間

糸さん
ねこまるさん
ゆかりんさん
アヤミカ副部長
M子さん
オデコさん
のっちさん(別行動)
そして私。

7時から8時の間に受付であります。

ちぶおの朝はいつもギリギリ。

7時半ごろ到着。もちろん車でだ。
時間にして家から30分くらいなものである。

副部長とねこまるさんは自走で札幌から来ていた。

そうすることで70kmという短さも100kmくらいプラスできる…という発想である。
恐ろしい発想だ。なお僕はご存じの通り6ホイール大好きである。

まったりと準備。
ちょっと時間もあったんでなんとなくねこまるさんのCAAD12に試乗してみたんですよ。
めっちゃ軽いんですよこのカーボンキラー。
他のロード乗ったの初めてなんだけど、まさかここまで違うとは。

スタート前に実力別にグループ分けが行われた。
上級、中級、初級
25キロから30キロが上級
20〜25が中級
15〜20が初級

当たり前のように糸さんやオデコさん達と中級に並んでキャッキャウフフしてると

シューズの裏がすごいことになりました…

そして…

副部長に無言で腕を引っ張られ上級へ…

うお、これはいかん!と全員上級に引きずり込む。
渋々上級にくる面々。みんな走れるくせにぃ!

見ると上級、15人くらいしかいない。
しかも半数以上が知り合いっていう光景。
でもこれはこれで走りやすくていいのではないでしょうか。

ラジオ体操やって、上級からレッツゴー!

速度詐欺はなかった。25~30キロくらい巡航である。
このくらいなら十分ついていける。
道も平坦基調、天気が曇りなのが残念だけど雨が降るよりはいい。

あっという間に最初のサブエイド。
チョコとキャラメルゲット!

第一エイドに向かう途中、大量のマガン(渡り鳥)が飛んでるのが見えます。
そうそう、これから向かう宮島沼はマガンのピーク。とんでもない数のマガンがいるんだよね。

本物エイド宮島沼到着!


長栄堂のくるみ餅。こいつがうまいのです。


ちょっとゆっくりマガンを見たり、トイレ行ったり。

とりあえず、参加費もっと払うのでくるみ餅もっとください。

次はオススメTTコースを走り第2エイドに向かいます!
こころなしか巡航速度が上がったような気がするが気のせいだろう。
とサイコンを見ないように走る。

あっという間に半分走り終わり、第2エイドはなんか飛行機飛ぶとこ!

ここではとりめしおにぎり!二個!
うまい!うまい!

飛行機見に行きます。


スカイダイビング体験してるそうです。
興味津々な私はいろいろ根掘り葉掘り聞きました。
ちぶおさんアグレッシブ!

今回初体験でもう飛び終わった人にも話を聞いたけど・・・・
やりたいとはやっぱり思わなかったな・・・
すんごい気持ちいいらしいですよ!うん!

飛び立つのを見送ります。

さて次行きますか。

アルテピあkjhごいうえなんちゃら!

ここ行く前に坂があります!
地味にきつかったですが距離はそうでもないので一気に登ります!
こういうのは勢いが大事!!

でもつらいものはつらい。

アルテなんちゃらではパンケーキとハスカップサイダー?

うまい。
疲れた体に酸っぱみはいいんですよ。
疲れてる時と疲れてないときで酸味の感じ方が変わるんです。
疲れてる時の方が酸っぱく感じるんですよ。はいメモ。

中ではソフトクリーム売ってるんですって。
ここまでこんだけ食べて飲んできたし寒いしソフトクリームなんて食べるわけが食べます頂きます。

ここまで来たらもうゴールはすぐである!


最後にちぶおスプリントをお披露目してゴール!

いえーい!

ゴール後は

角屋の袋やきそば!
知り合いに黒と白ももらう!

もつそば!

そして
米食べ比べ!

ぜーんぶ食ってもたーりない!

さて裏びばい。
長栄堂へみんなくるみ餅買いに行くそうでついていく。

くるみもち
袋は違えど
同じもち

帰りには雨がぱらついてきたので急いで撤収!


ねこまるさんと副部長の自走組は車に回収されていきました・・・

こんかいも
なんだかんだいって
たのしかったです。

まとめ

参加費が格安!
コースは最後以外はほぼ平坦!
距離も70kmくらいなので辛くない!
マガンの群れは一見の価値あり!
くるみ餅は10個くらい食べてもバチは当たらない!
上級コースでもなんとかなるよ!

以上楽しかったです!おわり!

おまけ

なんつう顔してんねんワイ…