新年あけましておめでとうございます

年が明けて8日もたってあけましておめでとうございます。
今年もちぶログをよろしくお願いしますよ。

macbookを開かないといつまでたっても更新しない僕の悪い癖が。

でも年明けなのでせっかくですから室蘭遠征はちょっと一旦置いといて今年の目標を書いていこうと思います。
み、みんな書いてるから真似したとかじゃないよ!違うよ!

今年の目標

▪️マラソン編

マラソンについては少し落ち着いた感がありますが今年はでかい目標を打ち立てております。

その1 サロマ湖ウルトラマラソン完走(100km)

これです。これは何としても達成したい。 作戦なんて特にありませんがこれからおいおい作戦立てて達成に向けてやらなくちゃ。
制限時間内に完走出来ればよし!

その2 サブ4達成

サブ4とは、フルマラソン4時間切ること。 マラソン初めて4年。未だに4時間15分から30分をウロウロしております。 そろそろサクッと切ってしまいたい。簡単に言うけどそんな簡単でもない。圧倒的筋持久力不足。

▪️自転車編

ブルベ参戦、初年度SR取得

SRとは1年間に200km、300km、400km、600kmを走ったものに与えられる称号。 今年はこいつを狙っていきたい。初年度に狙うなんてちぶおさんカッコイイ!
どれに出るかも考えないといけないし、装備もまだ足りてないので・・・
でも4月か5月から走るわよ。

レース参戦してみる

車連はちょっとおっかないのでまだ登録しないで、登録しなくても出場できるレースに参加してみようかと思っております。これはまだ未定ですけど出れそうなら出たい。

パワーメーター買う

これを目標と言っていいのかはわかりません。だって買うだけだし。
僕はデータと効率好きなのでこれは絶対に欲しい。
もうすでにリサーチを進めております。ニヤリ。

■その他

・10kg減量する
・ブログの更新を月最低10記事は書く
・腹筋ローラー立ちコロコロ出来るようになる
・クロカンがんばる

まとめ

ウルトラマラソン完走
サブ4達成
ブルベSR取得
自転車レース参加
パワメゲッツ!
痩せる
ブログ書く
筋トレする
クロカンもする

こんなところを目標に2019年も強欲なちぶおさんをよろしくお願いします。かしこ。

室蘭遠征 第2話

すっかりと期間が空いてしまった。ちぶおちゃんです。

12月2日、室蘭遠征したお話の続きです。

第一話はこちら。

なんと出発しておりません!
っていうか当日にすらなっておりません。
しかも画像も皆無という新しい記事となっておりました室蘭遠征第1話。
今回は出発できるのかな?

第二話の始まり始まり〜

前回、ペダルを外すことができるか自転車屋さんに1日預けました。
寛大な私はペダルをつけたのオメーだろなんて一言も言わず、外れてくれることを祈ります。

翌日、自転車屋さんに行くと。

店員「ダメでした・・・完全に固着してしまっていて外れません。
   今回は何もできなかったのでお題は結構です。」

あったりめーのこんこんちきである。

残念だが仕方ない。

 

 

と呟くといろいろな反応がありました。
そんな中・・・神がいました。

ハンサム「ルックのペダルならある。」

ハンサム「無償で贈呈しますよ」

ルックのペダル・・・?
なにその高級そうなペダル・・・

調べると今のSLシューズのクリートを変えれば使えそう。
フラペで走ろうと思っていた私に舞い降りた一縷の望み。

室蘭遠征前日にハンサムさんとコンタクトを取ることとしたのである。

12月1日(土)

ハンサムさんが札幌に来ているので合流することとする。
打ち合わせではこちらが札幌に向かう時に連絡をし、その時にいるであろう場所に向かうこととしておりました。

妻を付き合わせ昼過ぎ、私が向かいますといったところ、ハンサムさんがいたのは

かつ徳というとんかつ屋さん。

たどり着いた時にはハンサムさんは出るところ。

ここのとんかつ美味しいんですって!

めっちゃ美味しかったです!本当に。

というわけで無事にペダルを受け取ルことができました。

そのあとは・・・・

サイクルプラザでペダルレンチを購入。
だって今はフラペがついてるから。

そしてサイクルショップナカムラでルックのクリートを購入!

そしてグリスを買い忘れる。
これじゃまたペダルが固着してしまうので(私がしたわけではないが)、ロードキッズによります。

初めの頃は恐る恐る自転車屋さんに入っていた奥さんもこの頃になると私より先にズカズカと入り店員を驚かせておりました。

店員さん「な、な、何かお探しですか・・・!?」

ですと。グリスが欲しい旨伝え、シマノプレミアムグリスゲット!

 

さてあとは付け替えるだけです。

いきなりクリート変えてロングライドは膝痛めるかもしれないからというアドバイスもありましたが、クリートはシマノに似てるし、おそらくそんなに影響はないだろう、もし痛めてもそんなもの自己責任!ということでペダル交換します。

初めてのペダル交換。

まずはフラペ外します。

今日の戦利品。ペダルとレンチとグリス!

ルックペダルをつけます。

色合いは仕方ない。もともとドグマ様に付いていたものである。
足元がドグマになったのであります。

そしてクリート。

シマノによく似ているが、一回り小さい。

よしこれで準備完了!

明日は室蘭へレッツゴーだ!

 

ってわけで今回も・・・・当日にすらならず。

続くのであった。
次回出発!

この次も、サービスサービス!

 

室蘭遠征 第1話

ちぶおだ。
ようやく書く気になったぞ。ふふふ。

今回は12月2日。冬の北海道でロードバイクに乗るためにわざわざ雪のない室蘭まで遠征してきた物語であります。

11月某日。

糸さんが何やら作戦を立てている様子。
室蘭のルートを引っ張っているようだ。これは行く気と見た!
声がかからないところを見るともう相方は決まっているに違いない。

なんとなーく聞いて見ると札幌凸凹自転車部の副部長と室蘭遠征計画を立てていた模様。
車にはロード2台しか積めないのでどう頑張っても2人で行くことになるそうで。

いーなーいーなー

行きたいなーーー

いーーきたーーーいなーーーーー

と猛烈アピールをし、同行okをもぎ取った。
となるとこちらも車であります。一人でついて行くのも寂しいので誰か誘うことにしよう。

札幌凸凹自転車部のメンバーで・・・

部長か・・・ねこまるさんか・・・
そうだ、部長とは夜しか走ったことがないので、一度がっつりご一緒してみたいものだと部長を誘って見ることにした。ごめんよ、ねこまるさん。キミには未来がある。部長とはいつ一緒に走れるか見当もつかないので。

ちぶお「部長・・・キミ122日は暇かい?

部長「今のとことフリーかな?何をするんだいちぶお君。

ちぶお「室蘭行くか!糸さんと副部長と!

部長「えっ・・・・い、一旦預からせてください。

ちぶお「決まり、と。迎えに行きますね。

部長「預からせてくれない

ちぶお「糸さん決まったよ!ぶーーーーん

部長「待て待て待てーい!

ちぶお「何か問題?

部長「心の準備?

ちぶお「大丈夫大丈夫!

部長「朝何時?

ちぶお「結構早いかと思いますよ

部長「でしょうな。とりあえず仮参加・・・

ちぶお「はい参加で!

預かられそうになったところを無理やり決めて、仮参加の仮を取っ払ってメンバーは確定することとした。

さて、メンバーは決まったので糸さんとコースの確認。
室蘭なんてろくに走ったこともないので検討もつかない。

糸さん「土地勘ありますか?

ちぶお「つ、ついて行きます

糸さん「ナビついてる人・・・・

ちぶお「ナビあっても・・・オフコースなので・・・・

糸さん「期待してます!

期待すること自体が間違っている。
申し訳ないが・・・賢明な読者の皆さんはわかっていると思うが、道に関しては全く期待してはいけない男ちぶおである。

そんなこんなでメンバーが決まった。
あとは準備であります。

今回もRL8で行こうと思っているが、このままだとフラットペダルなので何とかRFA5についている105のSPD-SLペダルを外したい。

前回外れなかったシーンはこちら

そこで札幌の自転車屋さんに持って行こうと思ったのだが、行く暇を作れなかったので江別に持って行った。
外して欲しいと頼んだところ・・・・

前回つけた時にグリスアップしてないので固着してますね。オイル浸潤させて外して見るので一日預かってもいいでしょうか?

いいんだけどさ。

前回このペダル付けてくれたの・・・・実はあんたやで。

と喉の奥まで出かかったが、そこは言わずに1日預けることにした。

続く

今回は趣向を変えてスタート前で一記事書いて見ました。しかも画像なし!
前置き長い?そんなこと言わないで付き合ってよね!

ではまた次回お会いしましょう。

イルミネーションライドその3

ちぶおちゃんだよ。
ちょっと時間が空いちゃったね。次のネタが生まれちゃったのでどんどん消化していこうと思うよ。

イルミネーションライドその1
イルミネーションライドその2

さあ、大通公園のイルミネーションできゃっきゃうふふはまだまだ続くよ。
テレビ塔から駅前通り?くらいまで。

なんか出店もいろいろあったようだけど、9時で閉まっちゃうらしい。
海外の民芸品、マトリョーシカとか色々あったね。

僕は写真撮ってないので、コルナックさんのところを見に行くと良いよ!

次はジョジョ。

だいぶ良い感じにジョジョっぽくなってきたな。

そしてお次は、なんかイルミネーションの中に入れるところがありまして。

4台並べてうっとり・・・
赤青黄色白。良いですなぁ。

次は赤レンガテラスに向かいます。

ここでオデコさんがロード倒しました。
ガッシャーン!
あのヘルメットにペダルかけて立てる奴はやっぱりおっかない。

暗い・・・・もう携帯変えちゃおうかな・・・

さあイルミネーションはここまで!
10時になったら全部消えちゃいます!メモっておくように!

寒いし腹も減ったので帰り道。
飯を食おうにも意外と店はやってない。
店の中に入るには自転車が心配であります。

そこで見つけたのが半田屋。

そばと卵焼きと納豆ごはん!!
ちゃんと外も見えるのでここなら安心!
しばし談笑して暖を取る4人。

このまま根っこが生えてしまいそうだが、意を決して帰ることにします!
帰り道はもう所々凍ってて、走ってるとパキパキって氷の感触が・・・・

思えばこれが・・・・悪かったのだろうか。

ゴールまであと少しというところで、

ちぶおさんパンク

そう、略してちぶパン。

深夜のパンク講習会始めまーす。

やはりヘルさんのタイヤはめる技術はすばらしい。簡単にはめちゃうんだもの。

一生懸命空気を入れて暑くなってる私を尻目に寒がっているオデコさんとコルナックさん・・・

なんとかチューブ交換して無事ゴールしました!

どこで撮ったか忘れたけど3人写真。まあ、顔わからないし・・・
このまま掲載して良いでしょう・・・(問題あったら言ってください)

解散後・・・・・

オデコさんと私は車に自転車積んだり、片付けたりしてさあ帰ろうとしたその時、事件は起こりました。

まあ時間も遅く、だいぶ寒かったのもあるかもしれないが・・・

ちぶおさんエンジンかからなーーーーい!

バッテリー上がってるうううううううううう!

オデコさんヘルプ!
オデコさんのプリウスからジャンプ!
ジャンプコードは持ってます私。

さあ、ボンネット開けて繋ごうとしたら・・・

プリウスバッテリーどこ・・・・?

バッテリーがない!
調べたらトランクにあるようで!!

なんとかジャンプ出来ました。
実は解散後こんなことがあったんだぜ・・・・というお話。おほほ。

まとめ

・ちぶおさんペダル外れない事件
・ちぶおさんやっぱりパンク事件
・ちぶおさん解散してなおなんかある事件
・イルミネーション綺麗だよ
・深夜は寒さと氷に気をつけよう
・RL8は乗ってて気持ちいい

まあ、結局ちぶおさん接待ライドになってしまいました。すいません。とほほ。

イルミネーションライドその2

ちぶおだ。

イルミネーション排気ガス

そして溢れる、人、人、人

そんなありふれた街でありふれた恋を

僕はひらうかもしれない

・・・知ってる人いるかなぁ・・・・

ま、まあそれはさておき、イルミネーションライドをしてきた時の話その2である。
その1をまだ見てない人はここから見てから読み進めてほしい。

夜の数時間なのに何話になるのか見当もつかないほどのネタがあったような気がするがおそらく気のせい。長くてもその3で終わるはずである。

PM8:00

ようやく出発。
1時間遅れのスタートであります。

白石駅の中を自転車担いで歩く4人。そのまま南側に渡る。
寒いけどまだ我慢できる寒さ。

そしてRL8実走。
フラペとは言えども、言えどもだ。

感動しかなかった。
大通りにたどり着くまで感動をオデコさんにぶつけ続ける。

「マジで軽い!」

「うおおお!振動も全然こない!」

「うおなんじゃこの変速のスムーズっぷり!」

「うわあああ進むうううううう!」

「ウヒョオおおおおおおああああああああ

「があああぢウフォjがp@s:jぎあgじあお;が時;が;位じゃgsdじg;オアs時;

インプレ終わり。
要約すると、

ということで・・・・
ホント全然違いすぎてもうね・・・・青天の霹靂とはこういうことを言うのでしょうか。

と良いだけオデコさんに垂れ流したところでまずは札幌ファクトリーに到着であります。

撮影タイム。
ヘルさんのすっげえカメラ。
コルナックさんのちょっとすっげえカメラ。
オデコさんのまあまあなアイフォン8
そしてちぶおさんのレンズカバーが割れたアイフォン6

くっら・・・・カメラ欲しくなるやんけ。

だめだあああ汚あああああい。
こうなったら仕方がないので・・・

撮る人を撮る人を更に撮る!

煙突にサンタおるで。インスタ映えするね!

散々撮影を楽しみ大通公園に向かう。

人生44年。
まさか自転車でイルミネーションを見ることになるとは思いませんでした。

さあカップルに突撃いいい!

いねええええええええ

海外の方ばっかやあああああああ

いきなりの頓挫。
仕方ないのでそれぞれ思い思いの儘にイルミネーションを撮影して行く。

ここでスペシャルショット!

ヘルさんカメラ!素晴らしいドヤ顔!

写真集出せる勢いやで!!!

この一枚で満足した私は上機嫌で次のイルミネーションを目指すのであった。

ただちょっと寒い。

・・・・あ。

家を出るときに妻に言われた言葉を思い出す。

「あんた、こんな季節に自転車で出かけて風邪なんて引いたら家に入れないからねクワッ!」

・・・・・続く。

イルミネーションライドその1

どうもどうもちぶおちゃんです。

えーと、もう今年は自転車乗らないと思っていたんですけどね。
ちょっといい自転車試乗の機会がありましてお借りしたので、ちょっと乗りたくなってしまいまして。

それはこいつ。


アンカーRL8
フルカーボン(今のはアルミ)のエンデュランスモデル。
コンポはアルテグラ(今のはSORA)でホイールにデュラエースC35(今のはアルテグラ)なんていう今乗っている自転車から比べたら全然違う驚きスペック・・・・

こいつの試乗も兼ねてお仲間と一緒にナイトライドをする・・・これはそんな時のお話であります・・・

 

11月26日(月)

早く試乗してみたかった私はこの日、仕事終わってから岩見沢でも走ろうかと思っていました。
そんな折、オデコさんが翌日休みなので試乗も兼ねて走りに行きますかと打診があったので乗っかることにしました。
夜に恵庭に行こうと思っていたところ、ヘルさんが大通のイルミネーションのカップル突撃しようという提案があったようでコルナックさんを誘い4人で突撃することにしました。

死ね死ね団活動の開始であります。

PM7:00

オデコさんと札幌で待ち合わせ。
まずはRL8ちゃんのペダルをビンディングに変えてくださいと日中からずーーーーーっとオデコさんを洗脳していたのでお願いすることとする。

待ち合わせ場所にはオデコさんの車はあれど、人の気配はない。
近くのピナすけさんのところでピナすけさんに聞いてみるも、来てないとのこと。

あれ・・・・

あ、そうだ。ヘルさんとコルナックさんはセブンイレブン待ち合わせだからそっちに行ってみよう。
セブンイレブンに行ってみるとヘルさんとコルナックさんを発見。
コルナックさんのチェーンがおかしいようでヘルさんが点検中。
しかしオデコさんはいない。

コルナック「オデコさんならちぶおさんのペダル変えるってそっち行ったよ。」

なんと、行き違いである。
まるでローレシアの王子とトンヌラ状態である。

わ、わからない人は飛ばしていただいて・・・

やっとオデコさんと合流し、ペダルの交換作業を開始。
回す方向がわからなくなるもののRL8につけてあったフラットペダルを外し、
RFA5についてるSPD-SLペダルを外そうとするも、右のペダルが外れず。

硬くなっていて全然外れる気配がない。
そうこうしている間にヘルさんたちが合流、ヘルさんもあらゆる手を使いまわそうとするも回らず外れない。

非常に硬くなってしまっている。このままだとレンチが折れそうなほどであります。

そこで我々は・・・・

 

 

 

 

 

 

諦めることにした。
フラペで試乗することとなるのでありました。

おや、またスタートすらしていないまま1000文字。
1000文字入力すると次回に続けたくなるのは僕の悪い癖。

でもでもでもでも

 

やっぱり続くのであった。

1から始めるランニング講座NO1

ちぶおです。

今日の記事はランニングを始めようと思ってはいるもののなかなか始められないあなたに捧げますよ。すべての人にあてはまるわけではないので決して鵜呑みにしてはいけません。あくまでちぶお基準なので参考に出来るとこは参考にして、共感できるところは共感して頂いて、そうじゃないところは鼻で笑うくらいの軽い気持ちで読んでね!約束だよ!

いうこと聞けばフルマラソン完走できるようになったりするかも?

◆昔話(これまでのちぶおスペック)

昔からランニングやマラソンなんて大嫌いな中学高校生活を過ごし、たばこを若いうちから吸いまくり、痩せの大食いと言われるほどたらふく飯を喰らい、遅寝遅起きの不摂生のお手本のような生活をしていたちぶおさん。

40歳にもなったころ、度重なる煙草の値上げがバカくさくなりついに煙草をやめました。
どうやってやめたのかはそのうち紹介しようと思います。

煙草をやめると・・・

あっという間に10kg太りました。そりゃそうだ。カロリーの摂取量が半端無い私は180cm86kgまで行って危機感を感じて運動を始めることにしました。

◆最初は室内からオススメ

スポーツジムに通うまでもなく、近所の市民体育館等にはトレーニングルームが併設されているところが多いです。そこでまずはトレッドミル(ランニングマシン)を使って体を動かすことから始めました。
ペースについては自由。ハアハアゼエゼエなるほどの強い負荷は最初のうちは絶対にかけてはいけません(超重要)

ここで強い負荷をかけてしまうと、弱い人間は絶対に続かなくなります。
※すべての人にあてはまるわけではありません。

ちょっと汗ばむくらいのペースがベストです。
不摂生の人はべたべたの汗が出るはず!
しばらくはランニングマシンで運動します。外走れる人は最初から外でもいいです。
ダイエット目的の体重が多めの人は膝に負担がかなりかかるのでウォーキングから始めましょう。
なお、意外かもしれませんがウォーキングは飽きるのでランニングマシンでやった方がいいです。
ランニングマシンだとスマホ見ながら出来るから。
youtubeでも見ながらやれば30分くらいあっという間に歩けます。
※通信料は知りません。

とにかく、始めたてはいろいろな休む言い訳が頭に浮かぶのでとにかく

怪我をしないこと。

無理をしないこと。

これがとにかく大事。

◆毎日やってはいけない

絶対に毎日やってはいけません。
なぜなら、絶対に長続きしないからです。
不摂生生活をしてきた人間は規則正しい生活なんてできません。毎日決めた時間に決めた分量の運動なんてもってのほかです。出来るわけがありませんし、出来たとしても続きません。無理はやめましょう。

週に2回~3回くらいのゆるさで良いと思います。
ただし、1週間以上あけるのだけはやめましょう。

週末に運動を入れるのもあまりお勧めしません。今までの日常を崩さないのが長続きのコツです。昼まで寝たって、出かけたっていいじゃない。
平日の夜に体育館に寄れる環境があれば最高です。

時間は造るもの。人は言い訳する生き物。

ではまた次回お会いしましょう。
この講座は好評だと続きますし不評だといきなり終わります。お楽しみに。

僕が戦ってきた坂たち 2018

ちぶおです。
今日はですね、日記的な記事ではなく、新たなパターンの記事を作ってみようと思いまして。

タイトルは

僕が戦ってきた坂たち2018

5月にロードバイクを初めて、2000kmくらいしか乗ってないんですけども、その中で色々な坂を登ってきたわけです。

言っておきます。

坂は苦手です!好きなわけでもありません!

そんな坂が苦手なちぶおさん目線で勝手な坂レビューを始めます。
坂をキャッキャウフフできる人には全く共感できないスペシャルレビューです。
キツイとしか言ってないのはご愛嬌。

間違ってたら補足くださると幸いです。

1.月形から厚田へ抜ける山道

月形から厚田へ抜けるのに2つほど山があります。その二つ目が青山だったかと思う。
ここが初めて行った山。ロード初めて2週間で100km走った時の山なのであまり参考にならないかもしれませんが。フラットペダルだったし。
登っていきなり足つきました。初めてなのでペースがわからなかったのもある。

今度もう一度行ってみたいが・・・そのうち。
4%くらいなのかな?キツかった記憶のみ・・・

追記。最初の山の入り口が8%くらい、それ以降はきつくて6%くらいらしいです…(糸さん情報)

2.長沼スキー場

ここはもう語ることはないでしょう。
そらちグルメフォンドの坂バカオプションでもありますスキー場登るコース。
1kmちょっとなのですぐ終わるとはいえ、その斜度は10%オーバー。
なんせキツイ。1kmちょいで終わるのだけが救いです。
登っても絶景とかありませんし。

3.旭山記念公園

これは前述の長沼スキー場で足を使い切ってから行ったからかもしれないけども、めちゃくちゃキツかったです。
登った後は絶景があるのでそこで少し癒されます。距離は1.5kmくらい?
勾配は9%とかなのかね。ここもいつかリベンジしたい。

4.張碓峠

国道5号線を小樽に向かうとあります。はりうすと読みます。
ここは3%くらいなのかな?そんなにしんどくないです。まだ戦える。
ちょいキツ。

5.励ましの坂

小樽市内にある超激坂。23%とかだっけ。距離はそんなにないんですけどやばいですここは。前輪が剥がれそうになります。
そして、登りきれませんでした。ギブアップ。一度止まるともうスタート出来ないし。キツすぎ。

6.支笏湖への道

真駒内側から支笏湖に向かうと大小の山を4つ超えることになります。
これが結構過酷。距離も長いし補給も出来ないので体の準備も心の準備も必要です。平均4%くらいだけどこれは下りも込みなので・・・

支笏湖から札幌へ向かうと最初の坂がかなりキツイ。
ただ湖向かうだけと思うなかれ、過酷な山越えの道となっています。

オプションにオコタンペ湖への道もありますがここは斜度10%くらいが2kmほど続くなかなか過酷なコース。やっぱりキツイ。

でも支笏湖もオコタンペ湖もたどり着いた時の達成感はかなりのもの。

ただ全般的に道路が酷いです。
オススメ!・・・はしません。

7.滝野すずらん公園

滝野霊園の方へ登る道ですね。モアイの公園が目印!
前述の支笏湖とかに比べると全然大丈夫。登れます。大丈夫。

ちょっとキツイくらい(結局キツイ)

8.小林峠

みんなご存知小林峠。峠に行くまでの登りもちょっとキツイ。
峠もちょっとキツイ。
けど距離がそうでもないので大丈夫。登るだけなら登れます。どこもそうだけど。

9.大夕張

シューパロ湖への道は延々と登りだけど、勾配は1〜2%と緩め。
ただ30km以上あるってだけ。平坦に見えるけど地味に登ってるのでスピードが出ないなと思って頑張ると手痛いしっぺ返しが。じわじわキツイけどシューパロ湖は絶景なのでオススメです。道路も綺麗。

10.万字峠

泣く子も黙る万字峠。5%〜6%を10km登ります。てっぺんは急カーブ注意の看板だけで景色も何もないので景色はてっぺん少し手前の開けたところで楽しもう。
道もよく登りやすいんですが、なんせ長くてキツイ。
3回登ったんだけどやっぱりキツイ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでが今年登った坂たちです。
ちょいちょいアップダウンは除いてます。栗山あたりのアップダウンとか、鵡川行く途中のアップダウンとか、どこもかしこも結構キツイ。

では!

ちぶおヒルクライムコース2018ベスト3発表します!

3位!大夕張!

まったり登って景色最高!

2位!支笏湖!

めっちゃキツイけどたどり着いた時の達成感はひとしお!

そして1位は!

万字峠!

なんだかんだキツイキツイ言いながら3回登ってるということは魅力があるのでしょう。

いや・・・近所なだけか!?

以上で僕が戦ってきた坂たち2018を終わります。
現場からちぶおでした!

ロードバイクのホイールを変えてみた。

ちぶおです。
毎日更新頑張っています。

大食いネタもそろそろ入れていきたい今日この頃です。

AC真駒内マラソン終了後、私は恵庭に向かいました。

オデコさんとの密会です。

なんでも、某ショップでホイールを格安で提供してくれるとのこと。
もう作られていないアルテグラのホイール(WH−6800)なのですが、試乗車に履かせていたやつを安く提供してくれるとのことで、飛びついたわけです。

今履いてるWH-R501(鉄下駄)よりは格段にいいはず。

重量 1640g(鉄下駄より300gほど軽いらしい)

たかが300g、されど300gなのだろうか。
チューブレスにも対応しているとか。いつか試してみたい。

そんなわけで今日はタイヤの組み替えを!

タイヤを外して・・・

初めてのスプロケ外し!
回すのがちょっと怖かった。

ガコッと外してバラバラっと簡単に外れます。
この工具こうやって使うのか・・・

スプロケをつけた後はタイヤを組み替え!

固い!嵌めるの大変!

なんとか組み替え。チューブは入ってますよ。
空気圧が今より少なくて良さそうな感じです。

はい完成です!

ちょっと試運転してみたけど、なかなか軽く感じますぞ。

漕ぎ出しがだいぶ違うぞ・・・
これはぜひ坂でも試してみたい。

が、ずーっと夜勤なのでいつになるかはわかりません。

来年になったりして。

チューブレスにするとまただいぶ違うみたいなので試してみたいです。
今のタイヤの交換時期がきたら考えようと思います。

また、自転車の楽しみが増えましたな・・・

ホイールを変えることによって11速対応になったので次はコンポかのう・・・

作.AC真駒内マラソン レポ2

ゾンビちぶおです。
フルマラソン第2話。実走でございます。

5分半のペースメーカーについて行くちぶお。
10kmくらいまでは普通について行くのでありました。

この辺りからパラパラと脱落者が出始めます。
そして私の頭の中も考えが変わってきます。

・・・

このままのペースだと絶対持たない。

5分40秒まで落としても全然大丈夫。

サブ4ペースメーカーに追いつかれなければサブ4だ。

少し落とそう。

最後まで持たなかったら困るんだから。

読者の皆さんはお分かりでしょうが、これらの思考は全て

甘えです。

こう考える時点で心身ともにちょっとキツくなってきています。
こうやって少し妥協を始めた時点で転落が始まっています。

それでも20kmまではなんとか辛抱していました。

さて問題はこの辺から。
足のだるさがハンパないです。

マラソンで使う着地筋なるものは自転車では全く鍛えられないそうです。
自転車で筋力アップして足が少し速くなった気はしますが、着地筋が鍛えられていないため、全く持ちません。

25km

ついにその時は訪れます。
もうペースは上がらず。歩き始めます。

周りを見ると、力尽きた人たちが、歩いています。

フルマラソン名物
ゾンビ行進

自身の実力を見誤り、前半で力尽きた者たちの行進である。

もはや追う気力も残っていない。
スピードを上げて見ると見事に両足のハムストリングスが攣った。

ええい

エネルギー補給!

ジュルッとゼリーを吸い込む。

ゲホゲホオエええええええゲホゲホゲホ!!!

むせた!

これはすごくつらい!!
咳込みながらひいひい進む!

走ってるのか歩いてるのかもわからない速度である。

それでもなんとか30km。3周終わった時点ではまだ3時間を切っていた。

4周目。

段差につまずいて転んだ。

幸いなんども転んだことがあるので華麗に受け身を取りことなきを得たが、つまずいたつま先が痛い。

散々である。

と言いながら、ここまで書いていることは全て言い訳にすぎない。
走れなかった言い訳。人間の弱さである。

4周目に至ってはかなり歩いた。
給水所はコップがなくなって手酌で飲むところもあった。

散々である。

なんとかゴールした。

6分半のペースメーカーに煽られながら・・・・

この大会3回出てて、一番コンディションがよかったのに、一番悪い記録となりました。とほほ。

 

記録証はスタッフのサイン入りクリアファイルに入って来るのですが、今回は代表作田徹さんのサインでした!!ラッキー!!

別にファンなわけではありません。

今年のマラソン、失敗レースでおしまい。と。