初めてのウルトラマラソン!サロマ湖100kmウルトラマラソン第3話完結

どんどん更新するぞ。

前回は30kmあたりまでか。

まあフルマラソンでもこの辺りからきつくなってくるわけだけど、今回のは筋肉疲労というよりも、単純に痛み。
痛いのである。

が、薬を飲んだらなんと痛みが治まったんだよ。

途端に元気!

青いセーラームーンと写真撮ったりして!(男)

道中、ベテランっぽいマダムに話しかけながら進みます。

すごいよね、もうかなり年配なんだけど、毎年出てるんだって。
一度完走したらやめられないってさ。幸せらしい。
ぜひ体験してみたいものである。

景色も良い。カメラは悪い。

そしてついにフルマラソンの距離を走破。
ここからが道の距離である。体にどんな変調が現れるか想像もつかない。

 

が、痛み止めが効いているのか、ランナーズハイなのかわからないけど体はよく動く。

先ほどの若者にも追いついた。

そして50km地点で11時3分ということはスタートから6時間ちょい。
悪くないペース、このままいけば全然クリアできるんじゃないのかな。

そして大エイドに特に問題なく到着である。

補給追加!ここからは補給がキモ。
天気がいいので上着は今回必要なさそうだ、そのままゴールに送ることにしよう。

気分転換に靴下くらいは交換しようかな。

爆弾発見。

これは潰してはいけない。辛抱辛抱。

残り45kmくらい。やっぱ長いなーーーーーー

途中、友人のmido一家が応援に駆け付けてくれていたのはサプライズ。
ついつい話し込んでしまうほど嬉しかったぞ。

しかし魔の手は刻一刻と迫っており。

69kmの関門はクリアしたものの、貯金があまりない。カツカツである。

足の痛みもぶり返し始めた。

魔女の森と呼ばれるところ。
涼しいけど景色が変わらず長い。

私設エイド。
ここのエイドはでかいし色々振舞ってくれました。

この後・・・・

約70kmだけども・・・・

所々で

道端で・・・

 

リバースしてる人がたくさん・・・・

 

ついに胃腸が限界を迎えたランナーたちの成れの果てである。

ここで胃腸の弱いランナーは脱落していったのである。

 

さて、間も無く80km
この先名物ワッカ原生花園である。サロマ湖の右側。

ちなみに79kmの関門にたどり着いた私、なんと関門1分前に到着
ここで少し無理をしてしまった。足を使ってしまった。

だが残り20kmでまだ2時間40分ある。
10kmを1時間20分で走ればいいのでなんとかなる。

と思ったが、足がもう動かない。

痛み止めも効かない。

ワッカ原生花園を歩いてなんとか進むが

走れない。

ワッカ原生花園の天気は今年は最高だった。
寒くてエマージェンシーシートにくるまってる人がいたりする年もあるらしいが・・・

やはり足は動かない。どうやっても走れない。

ついに足が止まった。
もう少しなのに体が言うことを効かない87km地点。

私の初挑戦は終わった。

ワッカ原生花園で回収され、ドナドナ・・・

残り13km、無念のDNF

くぐりたかったゴールゲートを恨めしく眺め、そのまま荷物を受け取りに

悔しい。

悔しい。

悔しい。

悔しい。

しかし・・・・これでいい・・・・!

 

次回こそ、次回こそは!

 

おしまい

 

2件のコメント

  • おつかれさん!!!
    100キロとかありえねーんですけど
    次回がんばって!!

    • ありえなかったわ…動かねーの!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です