1から始めるランニング講座3

ランニング講座第3回。

1回
2回

ちょっと今まではなんとなくゆるい感じで説明してたので、今回あたりからビシバシ行きますよ。ビシーンバシーン!

今回はここまでの講座を読んでなお、うだうだしている人に向けております。

僕もそうだったんですが普段動いてない、運動していなかった人間の抵抗は相当なものです。
いままでの生活を崩したくない。ぐうたら怠けていたい。忙しい。いろいろ理由はあるかと思うんですが

断言します。それはすべて言い訳です。

わかってる人はわかってます。言い訳じゃなければ甘えです。

別にあれですよ。これを読んでる人が走り始めようがうだうだしようが私には関係のない話です。
お前にどうこう言われたくないよって。ごもっともです。言う気はありません。

しかし始めたら効果の大小は個人差あれど確実にあらゆるところに変化は現れます。
やりたい人だけやればいい。変わりたい人だけ変わればいいし。そのまま何もしないで太るなら太ればいい。

と、言う前置きを置いといて、これから大事なのは言い訳をつぶす作業。

ワタクシ現在でも言い訳しますからこの言い訳ってやつは強敵ですよ。

その1で

週に2回~3回くらいのゆるさで良いと思います。
ただし、1週間以上あけるのだけはやめましょう。

週末に運動を入れるのもあまりお勧めしません。今までの日常を崩さないのが長続きのコツです。昼まで寝たって、出かけたっていいじゃない。
平日の夜に体育館に寄れる環境があれば最高です。

時間は造るもの。人は言い訳する生き物。

こういっておりますが今回はもう少し踏み込んで行きましょう。

邪魔してくる言い訳たち

◆動き出すためにまず最低限必要なものを用意するのに費用が掛かるっていう言い訳がまず現れます。

そんなものはまだ必要ない。歩くことから始めましょう。
現に革靴で皇居ランした同僚がいます。つよい。

これは極端ですが、なんかあるでしょ靴も服も。
別に本格的な必要はまだない。続くかどうかも分からないのに。

そこでウダウダしてはじめない方がもったいないですよ。

◆運動する時間がないっていう言い訳もよくある奴です。

ワタクシ他の事優先しすぎて走るの夜の11時です。
時間の作り方は人それぞれだけど出来ないことないでしょう。

ほらもうできるじゃない。
革靴にワイシャツにコート羽織って適当に歩いてきなさい。時間も決めないこと。

ちなみに走ろうと思ってる人は何か持ってるはず。
運動未経験の人が良く使う技(言い訳)ですこれ。

時間ないっていう人は運動をがっつりやるためにとれる時間がないって言うイメージもありますのでこのイメージをまずは壊さないといけません。

普段着で適当に何も決めずに歩く。続けりゃなんか変わるよ。

言い訳シリーズはまだまだ続きます。

ではまたお会いしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です