Audax Japan BRM1006 北海道200km大夕張 2019

ちぶおくんだ。

2020年も半分が過ぎて、新型コロナウイルスだなんだと騒いでおるがこのブログ・・・去年の9月がようやく終わったところである。
まあ、今年の行事がなんにもなくなってしまったのでネタがたくさん残っているのはいいことかしら。
まとめて書こうと思ったけど丁寧にいきましょうかね。

2019年10月6日

北海道の最終ブルベ、大夕張200にみんなで出てきた。


120人以上の参加者がいてびっくりしたけど、そのうち30人くらい知ってる人っていう驚き。

天気もいいし、200kmということなので荷物も最低限にしました。


ただ歌舞伎パックは着けて走らなくてはいけない(なんで)


歌舞伎パックでスタート。ハンサムさんと一緒(ハンサムさんは歌舞伎ではない)

怒られるから!怒られるからと恥ずかしがってたブルベ初参加のゆっくりさんもといゆっくらないもといざっくりさん。
無視して歌舞伎のままスタートである。

また得意の謎の高強度が発動し、信号も相まってハンサムさんとはぐれ私しばらく一人旅。まあどっかこっかのチェックポイントで会うであろう。

歌舞伎もすぐ取れた。

あとは絶景をお楽しみください。



三笠からシューパロ湖に抜けるまでの坂は結構しんどいけど大丈夫何とかなります。
トンネル見えたらゴールと覚えておこう。

それからはしばらくシューパロ湖沿いを通ります。気持ちいい。

ママ!あそこに変な人いるよ!

シッ!見ちゃいけません!

なんてことをしながら夕張を後にします。

AJ北海道のコース紹介分はこれ。

札幌市を出発して桂沢湖からシューパロ湖を巡る、全体として大きな8の字を描くコースです。道中、三笠・幾春別・清水沢などかつて炭鉱で栄えた町を通ります。中でも大夕張を飲み込んだシューパロ湖は、その湛水面積において朱鞠内湖に次ぐ国内第2位の巨大人造湖です。広大なシューパロ湖と紅葉の景色をお楽しみください。

まさに紹介通りであります。
メインは終わった。

ここから栗沢抜けて新篠津通って帰るだけ。ここは栗沢のセブンイレブン。

うれしい心遣い。ありがとうございます。

ここからはピナカフェ仲間+HU+いなみんさんと固まって走る。

新篠津通って。

また帰りのちょっと疲れたところにおうちの誘惑であります。
家の近所のハルハルでアイスを食べたいと言うkさきょ氏に従いみんなでアイス。

旅感がまるでない。だって家からすぐそこ。

まあでもみんないたら楽しいからいいよね。

ってわけであとは夕日に向かって帰るのである。

最後のPCにてついにゆっくりさんもといゆっくらないさんもといざっくりさんを見つけたので、
せっかくだから最後一緒に走りましょう!とそそのかして・・・引いてもらいました。といったら快く引いてくれました。

快適!

ってわけで明るいうちにゴール。


10時間チョイでゴールだ。このくらいで走れるとあまり疲れないような気もする。

秋の大夕張。コースも手ごろだし、道路も走りやすいし景色もいいしオススメでありますよ。

おしまい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です