室蘭遠征 第2話

すっかりと期間が空いてしまった。ちぶおちゃんです。

12月2日、室蘭遠征したお話の続きです。

第一話はこちら。

なんと出発しておりません!
っていうか当日にすらなっておりません。
しかも画像も皆無という新しい記事となっておりました室蘭遠征第1話。
今回は出発できるのかな?

第二話の始まり始まり〜

前回、ペダルを外すことができるか自転車屋さんに1日預けました。
寛大な私はペダルをつけたのオメーだろなんて一言も言わず、外れてくれることを祈ります。

翌日、自転車屋さんに行くと。

店員「ダメでした・・・完全に固着してしまっていて外れません。
   今回は何もできなかったのでお題は結構です。」

あったりめーのこんこんちきである。

残念だが仕方ない。

 

 

と呟くといろいろな反応がありました。
そんな中・・・神がいました。

ハンサム「ルックのペダルならある。」

ハンサム「無償で贈呈しますよ」

ルックのペダル・・・?
なにその高級そうなペダル・・・

調べると今のSLシューズのクリートを変えれば使えそう。
フラペで走ろうと思っていた私に舞い降りた一縷の望み。

室蘭遠征前日にハンサムさんとコンタクトを取ることとしたのである。

12月1日(土)

ハンサムさんが札幌に来ているので合流することとする。
打ち合わせではこちらが札幌に向かう時に連絡をし、その時にいるであろう場所に向かうこととしておりました。

妻を付き合わせ昼過ぎ、私が向かいますといったところ、ハンサムさんがいたのは

かつ徳というとんかつ屋さん。

たどり着いた時にはハンサムさんは出るところ。

ここのとんかつ美味しいんですって!

めっちゃ美味しかったです!本当に。

というわけで無事にペダルを受け取ルことができました。

そのあとは・・・・

サイクルプラザでペダルレンチを購入。
だって今はフラペがついてるから。

そしてサイクルショップナカムラでルックのクリートを購入!

そしてグリスを買い忘れる。
これじゃまたペダルが固着してしまうので(私がしたわけではないが)、ロードキッズによります。

初めの頃は恐る恐る自転車屋さんに入っていた奥さんもこの頃になると私より先にズカズカと入り店員を驚かせておりました。

店員さん「な、な、何かお探しですか・・・!?」

ですと。グリスが欲しい旨伝え、シマノプレミアムグリスゲット!

 

さてあとは付け替えるだけです。

いきなりクリート変えてロングライドは膝痛めるかもしれないからというアドバイスもありましたが、クリートはシマノに似てるし、おそらくそんなに影響はないだろう、もし痛めてもそんなもの自己責任!ということでペダル交換します。

初めてのペダル交換。

まずはフラペ外します。

今日の戦利品。ペダルとレンチとグリス!

ルックペダルをつけます。

色合いは仕方ない。もともとドグマ様に付いていたものである。
足元がドグマになったのであります。

そしてクリート。

シマノによく似ているが、一回り小さい。

よしこれで準備完了!

明日は室蘭へレッツゴーだ!

 

ってわけで今回も・・・・当日にすらならず。

続くのであった。
次回出発!

この次も、サービスサービス!

 

“室蘭遠征 第2話” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です